実際に動く姿が公開された実物大ガンダム(C)創通・サンライズ

写真拡大

 人気アニメシリーズ『機動戦士ガンダム』の40周年プロジェクトとして始動した“実物大”ガンダムを動かすプロジェクトの一環である、ガンダムを展示する施設『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』(横浜・山下ふ頭)の開催概要発表会が29日、都内で行われ、12月19日に18メートルの動く実物大ガンダムが公開されることが明らかになった。

【写真】実際に動く姿が公開された実物大ガンダム

 7月29日にはガンダム本体の頭部取り付け作業が行われ、ついにガンダム本体が完成。オープンに向けてモーション調整が行われ、この日にオープン日が発表された。期間は12月19日から2022年3月まで(メンテナンスのための休業の場合あり)。営業時間は午前10時から午後9時まで(最終入場は午後8時)。料金は大人(13歳以上)が1650円、少人(7歳以上12歳以下)が1100円、間近でガンダムを見ることができる「GUNDAM‐DOCK TOWER」の観覧料金は3300円となる。チケットは10月2日の午前10時から発売。

 毎時00分と30分に特別な動きをし、ライトアップによる演出も行われる予定となっている。

 会見に出席した同プロジェクトのリーダーズの映画監督の本広克行氏は、一足早く動いているガンダムを目撃し「写真とか映像で見るとCG感がある。実物を見る価値がある」と力説。「肉眼で実物であって動くのが信じられない。何も言えない…。すごいとしか言いようがない」としみじみ口にしていた。

 ガンダムらしく、動く映像など情報がネット上に“流出”していることも話題に。超望遠で撮影された映像で、現場で作業している人も、どこから撮られたのかがわからないそうで、ディレクターズの1人である石井啓範氏は「ジオンの偵察の気分ですね」と苦笑いを浮かべていた。

 同プロジェクトは『ガンダムGLOBAL CHALLENGE』として発足。40周年を迎える2019年に実物大の18メートルのガンダムを動かす計画で、14年にスタートし、6階建のビルに相当する大きさの人型ロボットを動かそうという、壮大なプロジェクト。18年に行われた『40周年プロジェクト』発表会では、2020年7月に横浜で実現することが発表されていた。

 ただ、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、観客、従業員および関係者の安全確保を考慮しての判断し、今年5月に公開延期を発表。オープンの時期は、年内を目途としていた。