彼氏の女友達という存在にやきもきしている彼女も少なくないもの。
「友達」と言いながらも、彼との距離感が近すぎたり、頻繁に連絡を取り合ったりしていると「本当に友達というだけなの?」「意識していないの?」とイライラしてしまいますよね。厄介なのは、彼を狙っているわかりやすい女性よりも「男として見れないから(笑)」とカジュアルに言ってくる女友達のほうです。
ここではそんな彼女たちへの対応を聞いてみました。

彼氏の厄介な女友達への対応4つ

「男として見れないのと、彼女への気遣いは別だよ」と牽制

「彼氏と仲がいいという女友達に会ったとき。『彼女できてもこれからも休みの日とかも飲んだりするのは続けると思う。
全然男として見ていないし心配しないで』って言われたから、『男として見れないのと、彼女への気遣いは別だよ』と笑顔で言ったらかたまってた。こういう女友達に限って、隙あらば手を出そうとしてくるから用心深くしないとね」(20代・公務員)

▽ 男として見れないからといって、彼女持ちの男性とこまめに飲みに行っていいわけではありません。人として最低限の気遣いができないのは、男として見れないこととは無関係だと伝える必要がありますね。

「モテない言い訳なんだな」と割り切る

「彼氏の女友達は私の友達とは違うジャンルで、彼女がいる男性にボディタッチとかできる人。本当にあまり女性として意識されていないんだろうなって思うから、モテない言い訳なのかなと思って割り切ることにしている。
ちょっとでも考えるほうがもったいないというか、その女友達のせいで彼との関係がうまくいかなくなるほうが悔しいし」(20代・学生)

▽ 男として見れないという女友達ほど、自分が女として見られていないという可能性もあります。相手から女性として見られないために、予防線として「男として見れない」と言っているんだなぁと割り切ることで、留飲を下すという人も。

「私は男として見てるんですけど」と突っ込む

「彼氏が仲がいいという仲間内のメンバーで集まったとき、女の子もいて、その子たちに『こいつのことなんて男として見れないからー』って気心知れた仲風に言われてイラッ。
思わず『えー! 私は彼のことを思いっきり男として見てますよー!』って言って彼にくっついたら、ちょっとその場の空気が凍った」(20代・学生)

▽ 自分の彼氏を男として見れない扱いされたら複雑な気持ちになるもの。だからこそ「私は思いっきり男として見ています」と彼の前で伝えることで、女友達と彼女との明確な違いが浮き彫りになるでしょう。

「男として見ている相手のところに行ったらどうですか?」とすすめる

「私の彼のことを男として見ていないという割に、相談があるという名目で2人きりで飲みに誘ったり、カラオケに行ったりする彼の女友達。
あまりにもムカついたから、『男として見ている相手のところに行かないと、いつまでも彼氏できないですよ』って言っちゃった。でもそれからは彼のことを誘わなくなってスッキリ」(20代・介護士)

▽ 男として見れない相手と一緒に遊び続けるのではなく、男として見れる相手のところに行ったらどうなのかと提案したそう。そのときの様子を見てみたいですね。