パンケーキをトースターで焼いたら…美味しさとラクさにびっくり
 コンロもフライパンも、不要です。

 ゆっくり過ごせる休日のブランチに、パンケーキを焼きたくなりませんか? 作り方としては、ホットケーキミックスを牛乳と卵と混ぜて、熱したフライパンでじっくり焼いていくのが定番ですが、家族が複数いたり、1人でも2〜3枚重ねて食べたかったりすると、その願望はうまく叶えられないことも。そもそもコンロが1口しかない、同じサイズのフライパンがないことは当たり前のようにあることでしょう。どうにかして、簡単に、一気に焼きたてを味わうことって、できないものでしょうか……。

 そこで今回は、そんな願望を叶えるような、パンケーキ(ホットケーキ)の焼き方をご紹介したいと思います。
◆耐熱皿に注いで、トースターで焼くだけ

 やってみて気がつくことって、あるものですね。ある時、フライパンもコンロも使わずに、トースターと耐熱皿(グラタン皿など)を使って、試しに作ってみたのです。グラタン皿の内側にバターを薄く塗り、混ぜ合わせたパンケーキミックスを2センチ注ぐ。そして600〜700ワットで10分程度焼く。そしたらこれが、想定外の焼き上がりになって驚きました。

 10分後のビジュアルは、まるでケーキのような世界観。フライパンで焼くときよりも均一でしっかりとした膨らみを実感する焼き上がりです。焼き上がりの時にバターをのせてしばらくトースターの中に入れておけば、ジュワーっと溶けるバターの感じも理想的です。粉糖を全体に振り、メープルシロップをかければ、異次元パンケーキが完成します。

 食べてみると、しっとりした食感というよりは、ズッシリしっかりしています。例えて言うなら、オーブンでスポンジを焼いた食感に似ています。うん、これは絶対にアリです。しかも、小さな耐熱皿を使えば、トースターで4個同時に焼き上げることも可能なんです。

 ミックスするときに、溶かしバターをたっぷり加えれば、香り良いマドレーヌのような仕上がりに。焼く時にバターを塗っているので、ケーキ生地は皿にくっつくことなく、食べやすさもバッチリです。

 トッピングは、ジャムや生クリームを乗せてもよいでしょう。とにかく一度にたくさんのパンケーキが焼き上がるのは大きな幸せです。

 さあ、気になる人は是非お試しくださいね!

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12