東京マラソンが一般ランナーの出場を取りやめ 約3万8000人

ざっくり言うと

  • 東京マラソン主催団体が、一般ランナーの出場を取りやめることを決めた
  • 新型コロナウイルスの感染が国内で拡大していることを受けて判断したという
  • 約3万8000人に上るランナーの出走が取り消され、運営態勢も縮小する見込み

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x