不要なCT検査で男性が死亡 造影剤でアナフィラキシーショック

ざっくり言うと

  • 栃木県の病院で、男性患者が本来不要なCT検査で死亡する医療事故があった
  • 使用された造影剤により、アナフィラキシーショックが起きたとされている
  • 病院側は遺族に謝罪し、事故の調査結果を7日にホームページで公表した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x