マクロン仏大統領「NATOは脳死」トルコのシリア侵攻巡り指摘

ざっくり言うと

  • マクロン仏大統領は、NATOの存在目的を問い直す必要があると主張した
  • トルコによるシリア侵攻などを巡り、NATOで事前に協議がなかったと批判
  • 組織として加盟国の行動を規制しておらず、「脳死」状態にあると指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x