新井浩文被告が女性の主張に声荒らげる「変わっているのはおかしい」

ざっくり言うと

  • 新井浩文被告の第3回公判が23日に開かれ、検察側は懲役5年を求刑した
  • 抵抗したと言っていた被害者が意見陳述書で、当時は抵抗できなかったと主張
  • 新井被告は、これまでの主張と「変わっているのはおかしい」と声を荒らげた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x