過去の爆笑秘話を伝説の男が紹介する(時事通信フォト)

写真拡大

 ラグビー日本代表は惜しくもW杯決勝トーナメント初戦で南アフリカに敗れたものの、1次リーグでの快進撃に目を細めていたのは、日本ラグビー界の黎明期を牽引してきた松尾雄治氏(65)。長年、日本のラグビー界を見続けてきた松尾氏が、伝説のラガーマン・大八木淳史氏の爆笑エピソードを明かす。

【写真】爆笑エピソードを明かす松尾雄治氏

 * * *
 今は日本代表になればそれなりの報酬をもらえるんだよね。うらやましいよ、当時の日本代表は1円ももらえなかったですから。完全なアマチュアだから、会社の従業員と給料も同じで、特別ボーナスもなし。

 正直、戦略とかも大したもんじゃなかった。今は戦略的なラグビーをやっている。福岡堅樹なんて引退したら医者になるといっているけど、そんな頭脳の持ち主が代表にいるなんて信じられないね。僕らの時代は知性派のラガーマンなんてまるでいなかったから(笑い)。

 当時、大八木淳史(※1)が日本代表で一緒だったんだけど、試合前に「おい、もっと頭を使ってラグビーをやれよ」とアドバイスしたんです。そしたらアイツ、試合中に相手にヘッドバットをかましてペナルティを食らっちゃった。バカヤロー、そっちの頭じゃないよって(笑い)。

【※1/伏見工、同志社大、神戸製鋼で活躍。故・平尾誠二とともに同志社大の全国ラグビー大会制覇、神戸製鋼の日本選手権7連覇に中心メンバーとして貢献した】

 大八木の笑い話は他にもありますよ。ある試合で、大八木が足を打って倒れ込んだんです。「おい、どうした? 大丈夫か」と駆け寄ったら、「平家だよ、平家が痛い!」と叫ぶ。「何言ってんだ?」と聞くと、「平家の泣き所だよ!」と言うんだよね。

 みんな一瞬沈黙して「バカヤロー、“弁慶”の泣き所だよ!」と突っ込んだ。試合中なのに全員がズッコケました。

 代表を乗せたバスでも大笑いでした。「おい、ヒマだからなんかやれ」と大八木に言うと、大八木は「じゃあ、“なぞなぞ”やりましょう。本城さん、問題を出してください」と早稲田の本城和彦(*2)に振ったんです。

【※2/國學院久我山、早稲田大学、サントリーでスタンドオフとして活躍。華麗なゲームメイクと甘いルックスでラグビー界のアイドルに。7人制日本代表の監督も務めた】

 本城は「知らねえよ」と気のない返事。すると大八木が「早稲田なのに何も知らないんですね。じゃあ、僕が出します。行きますよ、なぞなぞの『ぞ!』」だって。

「おい、それは“しりとり”だよ!」とこれまた全員の突っ込みが入って車内は大爆笑。これが日本代表のバスの車中なんですから、そりゃあ試合で勝てるハズもない(苦笑)。

【プロフィール】まつお・ゆうじ/1954年東京都生まれ。目黒高校、明治大学、新日鉄釜石で活躍。日本ラグビー史上最高のスタンドオフと呼ばれる。明大を初の日本一に導き、1979年からは新日鉄釜石の選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権7連覇を達成する。

※週刊ポスト2019年11月1日号