カタールW杯アジア予選が幕を開ける

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は5日、カタールW杯アジア2次予選(兼アジアカップ2023予選)において、10月10日の日本代表対モンゴル代表を埼玉スタジアムで19時35分(予定)より開催することが決定したと発表した。

 また9月10日のミャンマー対日本の開催地がヤンゴン(Thuwunna Stadium)、10月15日のタジキスタン対日本の開催地がドゥシャンベ(Republican Central Stadium)に決定したことが併せて発表されている。