慣れた手つきで隠しカメラを仕込み、手元のノートパソコンで遠隔操作する『金スマ』スタッフA氏

写真拡大

《女性の欲望を実現させる女の宴!》。そんなキャッチコピーで、女性視聴者から人気を集めているTBS系のバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』。だが、収録現場では“男の欲望を満たす”卑劣行為が行われていた―。番組プロデューサーの隠蔽疑惑もある盗撮事件の詳細と、制作スタッフが抱える闇を徹底取材した。

【写真】衝撃! 女性出演者を盗撮したA氏と盗撮の流れがわかるイラスト

盗撮動画の内容

 ふすまで仕切られて鍵のかけられない和室の中で、20代らしき若い男性がカメラをのぞき込む姿が映っている。男性はテレビ番組のADがよくやるように、ガムテープやカラーテープをたすき掛けしたウエストバッグのヒモ部分に通している。ここは、一軒家の撮影スタジオ。別の部屋で撮影が行われ、この和室はスタッフの荷物置き場と、当日の出演者が着替えを行う控室を兼ねているようだ。

 映る画像は不自然なほど下からのアングルで、カメラ自体が見つけられないように隠して設置されていることがわかる。少し離れた場所から、手元のノートパソコンで遠隔操作しながら録画状況とカメラの位置を微調整する男性。ベストポジションを見つけたのだろうか、彼が満足げな表情で部屋から出ていくのと入れ替わるように若い女性が部屋に入ってくる。

 カメラに気づいている様子はいっさいなく、女性は用意された衣装を確認して、手際よく着替えを始めてしまう。鏡を見ながら胸を両手で寄せてブラジャーのつけ具合を直し、スラックスを脱いでパンツ姿になり……。

 この動画には、その一部始終が収められていた。衣装に着替えた女性が部屋から出ていった直後、再び部屋に戻ってきた男性。一目散にカメラを回収した。約15分にわたる動画は、ここで途切れる。盗撮カメラを仕掛ける際の素早い動きと慣れた手つきは、この行為が常習的に行われてきたことを十分疑わせるものだった─。

番組プロデューサーに隠蔽疑惑

 男性(以下、A氏)は、某テレビ番組制作会社に所属。数年前からTBS系のバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(以下、『金スマ』)に現場スタッフとして派遣されたADで、この卑劣な盗撮行為は、この人気番組の収録現場で行われていた。実際の放送回を確認すると、この衣装の女性が笑顔で出演していたのである。しかも、この盗撮問題には続きがある。

「番組プロデューサーもこの盗撮動画の存在は知っているはずです。なぜなら、スタッフたちの間では話題になっていて、誰かがプロデューサーに進言したと聞いています」(制作スタッフ)

 だが、盗撮行為がバレたら大ごとになると思ったのか、

「プロデューサーはそのスタッフに“黙っていろ!”と口止めしたとか。つまり、隠蔽を指示していたみたいなんです」(同・制作スタッフ)

 そもそも、盗撮はどのような犯罪が成立するのか?

『弁護士法人・響』の古藤由佳弁護士に話を聞いた。

「盗撮を処罰する刑法上の規定はありません。そのうえで、地方自治体が制定する迷惑防止条例違反になることが考えられます」

 今回の盗撮が都内で行われたのであれば、

「今回のケースは東京都の条例第5条1項2号の“人の通常衣服で隠されている下着または身体を、写真機その他の機器を用いて撮影”する行為に当たると考えられます。公訴時効は犯罪行為が終わったときから3年です」

 どんな刑罰を受けることになるのか?

「1年以下の懲役または100万円以下の罰金が処せられます」

 女性出演者が盗撮されていたことに気づいていなければ、被害者不明で逮捕されないということはあるのか?

「迷惑防止条例違反は親告罪ではないので、本件で被害者が不明であることは逮捕に影響するものではありません」

 れっきとした犯罪行為をもし番組プロデューサーが指示して隠蔽させたとなれば、『金スマ』の存続に関わるほどの大きな問題だ。

 すべての事実を確認すべくA氏が住む都内のマンションを訪ねた。だが、自宅前で数週間待っても彼は一向に姿を現さなかった。

「『金スマ』のADの労働時間は1日12時間以上がザラ。家に帰れず、寝ずに仕事をすることもよくあるそうです」(T‌B‌S関係者)

 A氏が自宅に現れない理由がこれでよくわかる。昨今、働き方改革が叫ばれている中で、『金スマ』のADたちはいまだに劣悪な労働を強いられているようだ。

「1週間のうち、休みは1日あるかないか。最長で20日以上も家に帰れないときもあったそうです。馬車馬のように働かされているみたいですよ」(同・T‌B‌S関係者)

 かつて『金スマ』の現場で働いたことがあるというスタッフも、こう話す。

「夜中まで仕事をしているので、経費の精算なんてできない。だから、給料以上に出費がかさんでしまい、生活ができなくなることもあるんです。それに加えて、自分の時間がまったくないから、何のために働いているのかわからなくなって辞めました」

 1か月間の経費は多いときで30万円以上、クレジットカードの限度額を超えることもあったとか。1年で最低でも2〜3人が辞めているという。

「つらすぎるため、早い人だと2、3か月で辞めてしまう。1日でいなくなった人もいました。『金スマ』で働くメリットは、精神的に強くなることぐらいですかね……。デメリットはそれ以外のすべてです」(別のスタッフ)

 しかも、A氏が現在も所属するテレビ番組制作会社には、こんな黒いウワサも……。

「とにかく給料が安いんです。一般的な派遣業務ではなく、委託業務のため、時給ではなく固定給。だから、どんなに働いても給料がまったく変わらないらしいんです」(前出・T‌B‌S関係者)

 『金スマ』のADの残業時間は、実に月120時間になることもあるという。

「休日手当もない。ボーナスもない。福利厚生もない。3年間働いても、月給17万円以下しかもらえないとか。社員が会社に派遣先のテレビ局に労働環境を改善してほしいと訴えても、テレビ局との関係が壊れるのを恐れて何も行動しないようです。まさにブラック企業ですよ」(同・T‌BS関係者)

 過酷な労働条件の中で精神的に追い込まれて、つい魔が差して盗撮に手を染めてしまったのだろうか─。

盗撮したとされる本人を直撃

 7月上旬、久しぶりに帰宅したA氏を自宅前で直撃した。不眠不休で仕事をしていたのか、口元がひどく肌荒れしていて、顔色もすぐれない様子だった。

─Aさんですよね?

「はい」

─『金スマ』の制作現場でのお話を聞きたいんですが。

「あ、はい」

 立ち止まって、話を聞くようなそぶりを見せるA氏。

─収録現場で盗撮をしていますよね?

「え。いや、ちょっとわからないんで……」

 驚いた表情になったA氏は、顔を下に向けて急に早歩きしだした。

─こちらは証拠動画を入手していて、あなたが映っていますよ?

「ちょっとわからないんで。やめてもらっていいですか」

─番組プロデューサーもこの盗撮動画の存在を知っていましたよね?

「ちょっと困るんで……」

 そう話すと、A氏は大通りの信号が赤になる寸前で横断歩道を猛ダッシュで走って逃げる。彼はこちらを何度もうかがいながら、大通りの向こう側に消えていった。

番組制作会社は?

 同日、A氏が所属する番組制作会社に問い合わせると、“責任者は不在になることが多いので、取り次げるかどうかわからない”とのことだった。

 翌日に問い合わせても“TBSに聞いてほしい”と取りつく島もない。数日後、再度問い合わせると、総務担当者が対応。その数時間後に会社の責任者である社長から折り返しの電話があった。このときは、連絡が遅れたことを謝るなどの対応もしていた。

─貴社に所属するA氏が盗撮をしていますよね?

「はい。もう知っています」

─いつ知ったのですか?

「A氏が取材を受けた日に、本人から聞きました」

─盗撮を認めたのですか?

「はい。本人はすごく反省しています」

─今後、どのような対応策を考えていますか?

「うちの社員が行ったことなので、彼の処分と被害者の特定をします。本人はもう警察に行ったんですよ」

 番組プロデューサーが盗撮を隠蔽していたという疑惑に話が及ぶと、「僕はわからない。あとはメールで質問が欲しい」と言う。メールではなく、直接会って話を聞きたいと申し出ると、「調整させてほしい」という返事だった。だが、その後、社長からの連絡はなくなり、携帯に連絡しても電話に出ない状態が続いた。そこで再度、会社に電話してみると、社長が出てこう答えた。

「やはり、会うことはできなくて……」

─なぜですか?

「もう電話しないでもらえますか。すいません」

 と、一方的に切られてしまい、締め切りまでに会って話をすることはついにかなわなかった。どこかから“圧力”がかかって態度が急変したのだろうか─。

TBSの対応は?

 『週刊女性』では、社長への取材とともに盗撮の隠蔽疑惑のある番組プロデューサーの自宅も訪ねていた。都内の閑静な住宅街にある豪邸だ。

 自宅前で数日間待ってみたが、結局、姿を現すことはなかった。

 そこで、TBS広報部に盗撮が行われたのかどうかの事実確認と今後の対策、さらに労働環境などについて問い合わせると、

《2年前に、元番組スタッフ個人が盗撮をしていたことが先週、発覚し、本人が警察に経緯を説明したことは、所属する派遣会社から聞いて承知しております。番組の制作現場でこのようなことはあってはならないことで、制作スタッフのモラルについて改めて徹底していく所存です》

 と、すでにA氏はスタッフではないとし、個人的な行為だという回答だった。さらに、番組プロデューサーの隠蔽疑惑、制作スタッフの劣悪な労働環境についての質問にはまったくの無回答だった。

 番組制作会社の社長にも、メールで同じ内容を問い合わせると、

《二年前に、当社社員による盗撮行為があったことがわかり、すでに本人から警察に説明させました。事実解明を待ち、厳正に処分する方針です》

 そのほかの質問には、TBS広報部と示し合わせたかのように無回答を貫いた。

『金スマ』のホームページには、こんな文言が掲載されている。

《金スマは、女性のリフレッシュをめざし、様々な悩み・ストレスを解消していく番組です》

 TBSと番組制作会社の対応は、盗撮の隠蔽疑惑も制作スタッフが抱える闇もいっさい“解消”しない回答だった。盗撮は決して許されるものではないが、劣悪な労働環境下で精神的に追い込まれたA氏は、つい魔が差してしまったのかもしれない。

 さらには、それを隠蔽し続けていたとすれば、A氏同様、被害者となった女性出演者を傷つけていたともいえるだろう。『金スマ』の司会者である中居正広は、この問題についてどう思うのだろうか─。

*テレビ制作会社の労働環境について取材を進めています。情報提供は『週刊女性PRIME』まで。