7人が途中棄権 ジョコビッチやフェデラーも困惑、ルールに問題か

ざっくり言うと

  • ウィンブルドンの男子シングルス1回戦で、4日までに7人が途中棄権した
  • この状況に、ジョコビッチやフェデラーも困惑しているという
  • 背景には、途中棄権しても高額な賞金が得られるというルールがあるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング