Amazonの無敵の容量無制限ストレージにも注意点が! 200GBまでの人は値上げ? 理由と対処法

写真拡大

先日、Amazonが画期的なクラウドサービスを開始した。
年額13800円を支払うことで、データ保存の容量が無制限という「Amazon Drive Unlimited」をスタートさせたのだ。

「Amazon Drive Unlimited」であれば、どんなにデータが多くても保存できる容量の無制限というのは、まさに画期的だ。

しかし、実は、値上げとなりそうなケースもあり、注意が必要かもしれない。

●200GBまでの有料ユーザーは「値上げ」?
「Amazon Drive Unlimited」の利用料金は、年額13800円だ。
1か月に換算すると、1150円。
格安SIMと同じぐらいの価格で、容量が無制限のクラウド・ストレージが手に入ると思えば、かなり安いと思える。

しかし、実際に得をするユーザーは、実は多くないかもしれないのだ。

では、今まで提供していた「Amazon Cloud Drive」の有料プランを確認してみよう。
・5GB 無料
・20GB 年額800円
・50GB 年額2000円
・100GB 年額4000円
・200GB 年額8000円
・500GB 年額2万円
・1000GB 年額4万円
となっていた。
年額13800円で保存容量が無制限と比べて、500GBプラン以上のユーザーは間違いなく、大変お得となる。

それでは、200GBまでのユーザーはどうなるのか?
そのままの料金で継続できそうな気がするだろう。

実は、
次回更新のときに「Amazon Drive Unlimited」へと移行となる

つまり、20GBユーザーも、100GBユーザーも、次回更新時には「Amazon Drive Unlimited」しか選べないのだ。

500GBプラン以上を契約している場合は、「Amazon Drive Unlimited」の移行は得になるので問題はない。
しかし、200GBまでのプランを契約しているユーザーは、使える容量も増えるが、支払う料金も増えてしまうのだ。
無料期間となる3か月の間に、十分に検討する必要があるだろう。

●無料の5GBプランも終了へ
なお、終了となったのは、データ容量別の有料プランだけではない。
Amazonアカウントを持っているひと全てが利用できていた、5GBの無料プランも終了となったのだ。

現在、クラウド環境に入れてあるデータは保存され、ダウンロードも可能だ。
しかし、新たにアップロードは不可となる。

●Amazonのクラウド・ストレージをいままでのまま利用する方法
今後、Amazonのクラウド・ストレージを、そのまま利用するには、3つの方法がある。
・「Amazon Drive Unlimited」を契約

容量無制限のクラウド・ストレージを契約する、当然ながらそのまま利用できる。

・「Amazon プライム」を契約する

年額3900円の「Amazon プライム」会員になると、無料の5GBストレージが提供されるほか、写真はオリジナル画質のまま、無制限に保存が可能となる。

・Fireタブレットを購入する

Amazonのコンテンツ・サービスが利用できるFireタブレットを購入すると、無料の5GBストレージが利用できるようになる。

原則として、以上のどれかを選択する必要がある。
一番現実的なのは、年額3900円の「Amazon プライム」を契約し、クラウド・ストレージを5GBと写真を無制限保存という特典をゲットすることだろう。

「Amazon プライム」の契約であれば、さらに映画もドラマも音楽も楽しみ放題となっているなど、メリットは多い。
無料ストレージが無くなったら困るな、という人は、「Amazon プライム」で5GBのストレージを確保するのがよいだろう。
また、容量無制限で、写真や動画をたくさん保存したい人は、「Amazon Drive Unlimited」を、使ってみるといいだろう。

Amazon Drive|Amazon
布施 繁樹