気が早い話で恐縮だが、今年の流行語大賞は「完全試合」になるかもしれない。【写真2枚】史上初の”延長戦での完全試合”まであと一歩だった「大野雄大」だとしたら受賞するのは、ロッテの佐々木朗希(20)に違いあるまい。4月10日のオリックス戦でプロ球界28年ぶりの偉業を達成したのみならず、続く17日の日本ハム戦でも8回まで完全投球を演じてみせた。だが今季、“完全”と形容される快投を披露した投手は彼だけではない