【ソウル共同】北朝鮮国務委員会の報道官は13日、談話を発表し、北朝鮮の警告にもかかわらず、米韓が合同軍事訓練の強行を決定したとして、「忍耐力をこれ以上は維持できない」と非難した。その上で、そうした姿勢を変えない場合「米国は遠くないうちに大きな脅威に直面し、自身の失策を認めざるを得なくなるだろう」と警告した。朝鮮中央通信が報じた。談話は、米朝関係で悪循環が続く最も大きな要因は米韓合同軍事演習だと指