雑居ビルの外階段で女性とわいせつな行為をしたとして、神奈川県警は8日、公然わいせつの疑いで、県警オリンピック・パラリンピック対策課の男性警部(44)を書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。警部は同日付で依願退職した。

 県警によると、警部は昨年10月から東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会に派遣されていたが、発覚後に取りやめになった。「性欲のまま行為に及んでしまった」と話している。

 書類送検容疑は8月19日午前4時半ごろ、神奈川県二宮町の雑居ビル外階段で、30代女性とわいせつな行為をした疑い。