写真提供:マイナビニュース

写真拡大

9月中に発売と噂される新型iPhone。本稿執筆時点での最新機種iPhone 5sユーザーは、iPhone 5sのどんなところを「微妙」と感じているのだろうか。iPhone 5sユーザーのマイナビニュース会員315人に、アンケートを実施した。

○バッテリの持ちはiPhone唯一の弱点か

iPhone 5sの悪かった点を聞いてみた。

最も多かった、というかダントツに多かったのは「バッテリの持ちが悪い」という回答。32.1%となる315人中101人が回答した。iPhone 5sの最大連続待受時間は250時間。iPhone 5は225時間、iPhone 4Sは200時間。以前の機種よりも確実に長持ちするようになっているとは思うのだが……。新型iPhoneに、どどんと1,000時間くらい長持ちするバッテリが搭載されれば、完全無欠のスマートフォンになるかもしれない。

「機能が悪い」(9人、2.9%)と回答した人には、具体的にどの機能が悪かったと思うか聞いてみた。多かったのは、「おサイフケータイ」や「ワンセグ/フルセグ」といった、最新のAndroidスマートフォンに搭載されている機能が欲しいという意見。新型iPhoneでは、NFCやおサイフケータイが搭載されるという噂もあるが、シンプルさが売りのiPhoneにとっては少々酷な結果かもしれない。

ただ、「その他」(65人、20.6%)と回答した人の大半は、「悪いところがない」と回答していたため、細かい不満点はあるものの、基本的には満足しているユーザーが多い機種だったのではないだろうか。新型iPhoneは、そんなiPhone 5sを上回る神スマホとなることができるだろうか。

調査時期:2014年7月16日〜2014年8月23日調査対象:iPhone 5sユーザーのマイナビニュース会員調査数:315件調査方法:インターネットログイン式アンケート

(郄橋海)