さんま、“病気になった場合の代役”に名前挙げた2人

写真拡大

タレント・明石家さんま(66歳)が、4月9日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。もし自分が病気になった場合、代役は「今やったら、今田(耕司)か陣内(智則)」と語った。

新型コロナウイルスの影響で、自分が代役として出演したり、自分の代役に誰かが出るという話題となり、「さんまさんの場合(代役)どうします?」という質問が出ると、さんまは「誰がしてくれるのかなあ。キャリア的にもあれやからなあ、今やったら今田とかになるのかなあ、今田、陣内とか。ピン(芸人)で」と回答。

さんまは「同期で(島田)紳助はいないし。(ビート)たけしさんやっても所(ジョージ)さんでも芸風違うし。難しいな。だから病気してられへん。どうしよう、マツコ・デラックスだったら」と語った。