車から降り、記者の直撃に応じる吉田栄作

写真拡大

 カジュアルな服装に身を包んでも、隠しきれないダンディーっぷり。10月中旬に都内の住宅街をさっそうと歩いていたのは、先日、内山理名との“結婚秒読み”を週刊女性が報じた吉田栄作だ。

【写真】スウェット姿でもトレンディーな吉田、“結婚生活”を送る内山

「吉田さんは1997年に平子理沙さんと結婚しましたが、2015年に離婚。内山さんとは、2017年にTBS系の『今野敏サスペンス 確証〜警視庁捜査三課』で初共演して交際が始まりました。内山さんは現場を盛り上げる吉田さんのリーダーシップに惹かれていったようですね」(芸能プロ関係者)

 2019年6月のイベントで交際について尋ねられた内山が「順調」と答えるなど、良好な関係を築いてきた。

「交際が始まってすぐに2人は同棲しています。都内の大通りから少しはずれた閑静な場所で、近くには大きな公園があり、内山さんは犬を飼っているため、散歩させるにはちょうどいいロケーションです」(スポーツ紙記者)

 交際が順調に続くと、次に気になるのは“結婚”の話。

「彼女が以前付き合っていた男性は結婚に対して消極的だったので、別れることに。吉田さんと交際するようになってから、周囲には“40歳までに結婚したい。もしそれができないなら、関係を考え直したい”と話していたそうですよ」(内山の知人)

 週刊女性は今年9月に吉田の父を直撃。まだ結婚に至っていない理由を聞くと、

「詳しい話は聞いてないけど、いい年齢のふたりだからいろいろあったんだろう。ここ1年は妻が亡くなるなど、バタバタしてたから、タイミングがなかったこともあると思うけどね。でも、結婚の話は前々から聞いていたから、1年間喪に服して来年には結婚すると思うよ」

 と語った。吉田の母は、今年4月に逝去しており、2019年に訪ねた際には「早く孫の顔が見たい」と話すなど、今後の関係に期待を寄せていた。

 朗報を心待ちにしていたのはファンも同じ。結婚報道の後、内山のインスタグラムには多くの祝福コメントが寄せられ、彼女は海の画像に添えて感謝の言葉を投稿している。

《まだ先のことは決まっていないのですが、(中略)温かく見守って頂けたら嬉しいです》

吉田栄作と内山理名をW直撃

 2022年の結婚をどこまで具体的に考えているのか。10月中旬、真相を確かめるべく、車に乗って出かけていた2人が帰宅したところを直撃した。

─来年結婚されると聞きましたが……。

「それについては、何も答えられないんです。すみません……」

 内山は否定こそしないものの、明確に答えてはくれない。吉田も、

「事務所を通してください。そういう話は、今ここでは答えられないので……」

 と話を引き取った。

 双方の所属事務所にも結婚の予定を問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

 10月22日に放送された『人志松本の酒のツマミになる話』(フジ系)では、「幸せですか?」と聞かれ、「あ、ほい」と浮かれた返事をしてしまった内山。11月に40歳を迎えるが、あと少しでツマミになる“報告”が届けられる!?