経営再建中の(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード: 293842310、東京都港区、マザーズ)は新型コロナの影響や減損損失が響き、5期連続の最終赤字だった。サマンサタバサは、20年7月に紳士服販売大手の(株)コナカ(TSR企業コード: 350617880、横浜市戸塚区、東証1部)の子会社となり、同社からの支援を得ている。

 4月14日に発表した2021年2月期(連結)の売上高は225億9400万円(前期比4.1%減)、営業利益は35億2100万円の赤字(前期11億8400万円の赤字)、最終利益は100億4900万円の赤字(同23億8400万円の赤字)だった。店舗の選択と集中やEC販売の強化を進めたが、新型コロナの影響で消費マインドの低迷が続いた。また、合併に伴うのれんの減損など特別損失の計上も大きかった。

 同時に発表した2022年2月期(連結)の業績予想は、売上高は341億6500万円(前期比51.2%増)、営業利益は3億1600万円、最終利益は1億200万円と黒字転換を計画している。