がん治療でiPS細胞移植 千葉大と理研のチームが治験開始

ざっくり言うと

  • iPS細胞から作った「ナチュラルキラーT細胞(NKT)」と呼ばれる免疫細胞
  • 頭頸部がんの患者に移植する治験を千葉大と理研のチームが始めたと分かった
  • 移植の経過は順調とされ、iPS細胞を使ったがんの治療は国内で初めてのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x