トランプ大統領の姪が今回、独占告白した(写真/時事通信社)

写真拡大

 全米190万部の大ベストセラーが、いよいよ日本に上陸する。ドナルド・トランプ大統領の姪のメアリー氏が上梓した『世界で最も危険な男』(邦題、小学館刊)だ。同書によれば、彼の人格のルーツはビジネスではなく、「幼少期の破滅的な家庭環境」にあるという。

【写真】トランプ現大統領の真っ赤なネクタイをした約30年前の姿と、隣には真っ赤なドットがらのネクタイをした父・フレッド氏、ピンクの薔薇柄の服を着た母・メアリー・アン氏

 1946年、トランプ家の第4子として、米ニューヨーク州に生まれたドナルド・トランプ。父フレッドは15才の若さで不動産会社を創業し、ニューヨーク市内に数多くの住宅を建設するなど、ビジネスの天才だった。政財界の重要人物との人脈も広かった。しかし、家庭のことは妻のメアリー・アンに任せきりの亭主関白。“育児は女がやるのが当たり前。自分にとって重要なのは家庭より仕事。だが、家族のことはすべて自分の一存で決める”という考えを持つ父親だったという。

 ドナルドは父から、“女性に対する感覚”も受け継いでいたという。

「トランプ家は、女性の意見がすべて無視される、ひどい女性蔑視の家庭でした。そうした環境で育ったドナルドにとって、女性とは自分の目標を達成させる“モノ”でしかないのです」(メアリー・以下同)

 同時に、ドナルドにとって、女性は単なる性的対象でしかなかった。姪であるメアリーに対してもそうだ。ドナルドは別荘で水着姿になっていた20代後半のメアリーをまじまじと眺め、「こいつはすごい、ナイスバディーだ」と息を荒らげていたという。

 ドナルドはこれまで数々の著名人をデートに誘い、断られてきた。そうしたとき、ドナルドは決まって次のような反応を見せていたという。

「デートを断った女性を、“出会ったなかで最もブスで、最もデブで、最悪の女たち”と罵っていました。歌手のマドンナのチューインガムの噛み方が気にくわないとか、元フィギュアスケート選手のカタリナ・ヴィットの脚が太いとか、ひどい中傷です」

 メアリーは、そうしたドナルドの言動に心から呆れ、哀れんでいる。

 さらに、父親からの悪影響を受けると同時に、母親からもあまり愛情を与えられていなかったというドナルド。

「父親の女性蔑視と、母親との関係が、ドナルドの歪んだ女性観をつくっていったのでしょう。女性に対して尊敬の念がないのは、そうした生活環境の影響です。だから、女性をどう扱っていいのかがまったくわからないのです」

 次の大統領が決まる日まであと約2か月。「世界で最も危険な男」はこれからもアメリカのリーダーであり続けるのだろうか。

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号