金持ちのための街「白金高輪」…高い家賃で一般人を拒絶?

写真拡大 (全3枚)

どこの街に住むかの選択は、仕事やプライベートに大きな影響を与える。さらに家賃が家計支出の大きなウェイトを占めることを考えると、居住地は資産形成までも左右するといえる。総合的に考えて住みやすい街はどこなのだろうか? 20代後半から30代前半の単身会社員の住み心地を考えていこう。今回取り上げるのは、東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線の「白金高輪」駅。

お屋敷が建ち並ぶ、都内有数の高級住宅地

「白金高輪」駅は東京都港区に位置する、東京メトロ南北線と都営地下鉄三田線の接続駅です。2000年に、南北線「目黒」〜「溜池山王」間の開業に合わせて誕生した新しい駅で、1日の乗車人数は、東京メトロ駅は約4.3万人、都営地下鉄駅は約2.8万人ほどとなっています。

駅名は「しろかねたかなわ」。「が」ではなく「か」と、にごらないのがポイントです。その名の通り、白金と高輪の交差する地点に駅はあり、真上を走る桜田通りを境に東側が高輪、西側が白金となります。

白金は、室町時代にこの地を開いた柳下上総介氏が、大量の銀(=読みは「しろかね」)を所有していたことから、“銀長者”→“白金長者”と呼ばれ、そのまま地名になったとされています。

一方、高輪は戦国時代に記された『軍記物語』に、江戸城を攻めた小田原・北条軍が、守る上杉軍と激戦を展開した地として、「高縄原(たかなわはら)」の名が登場します。高縄とは高台のまっすぐな道を表した言葉です。ほか、高鼻和、高名輪、高縄、高畷……と、時代によって様々な表記がありましたが、高輪の表記は、江戸時代の『正保郷帳』にある記録が最初とされています。

駅の周辺は江戸時代に薩摩藩や高松藩など大名家の下屋敷があったところ。広い敷地が残っていることから、皇族とゆかりの深い建物が多く点在しています。たとえば、駅の南東方面にあるのが、上皇上皇后両陛下の仮住まいである「高輪皇族邸」。上皇陛下の叔父であり、昭和天皇の弟である高松宮ご夫妻が暮らしていた邸宅です。

都内でも有数の高級住宅地なので、駅周辺にこれといった商業施設や娯楽施設はありません。通勤や通学での利用がなければ、降りることはないでしょう。

次のページ>>>庶民派スポットもあるが、基本は金持ちターゲット

「白金高輪」駅近くの魚籃坂

庶民派スポットもあるが、基本は金持ちターゲット

「白金高輪」駅周辺の家賃水準をみていきましょう。まずは駅周辺の家賃相場です。駅から徒歩10分圏内の1Kの平均家賃は9.68万円(図表1)。同条件の東京都港区の家賃水準は、駅10分圏内で12.21万円。都内でも家賃が高い港区のなかでは、「白金高輪」駅周辺はリーズナブルな家賃水準だといえます。

[図表1]「白金高輪」駅周辺の平均家賃 出所:公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会調べ(5月29日時点)※単位は万円

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」によると、都内勤務の男性会社員の平均月給は、25〜29歳で27.5万円、30〜34歳で34.1万円です(図表2)。企業規模によって平均給与は異なりますが、そこから住民税や所得税などを差し引いた手取り額の1/3以内を適正家賃と考えると、都内勤務20代後半は6.9万円、都内勤務30代前半は8.5万円です。

[図表2]20代後半、30代前半の平均月給 出所:厚生労働省「賃金構造基本統計調査 」※10名以上の企業対象※数値は所定内給与額※単位は万円

「白金高輪」駅周辺は、一般の会社員では家賃水準が高く、選択肢には入りづらい駅といえそうです。大手ポータルサイトで検索してみると、30代の適正家賃内で複数の物件を見つけることができます。ただし築年数は20年〜50年、専有面積も15岼焚爾脳々難ありの物件。住まいの快適性をある程度犠牲にする覚悟があるかが、カギとなってきます。

交通面を見ていきましょう。三田線利用で「白金高輪」から「大手町」12分、「水道橋」17分、「巣鴨」24分、「目黒」4分、南北線利用で「溜池山王」6分、「市ヶ谷」13分。両線利用で「目黒」4分(所要時間の目安は、平日8時に「白金高輪」を出発した場合の目安)。都心への移動はスムーズで、さらに南北線も三田線も東急目黒線と相互運転をしているので、横浜方面へのアクセスも良好です。

生活面はどうでしょうか。駅周辺にあるスーパーは、「クイーンズ伊勢丹」や「ピーコックストア」と、高級住宅地によくみる店。一方で「サミットストア」や「まいばすけっと」といった庶民派スーパーも。また駅前には大手ドラッグストアチェーンが2店。また明治通りの四の橋から伸びる白金商店街には生鮮食品を扱う、昔ながらの個店も元気。「白金高輪」周辺は高級住宅地でありながら、リーズナブルに日常品を揃えることができます。

飲食店はどうでしょうか。駅前を中心に、住宅街にも隠れた名店の多いエリアで、食のスポットは意外と多め。しかしファミリーレストランは駅周辺に1店。単身者でも利用しやすい、お馴染みの飲食チェーン店はほかになく、外食派の人は少々頑張らないとお腹を満たすことができない街だといえそうです。

都内でも指折りの高級住宅地である「白金高輪」周辺は、意外と庶民派の買い物スポットが点在。交通利便性は申し分なく、都心勤務の会社員であれば、選択肢に入れたい街です。しかしそこに大きく立ちはだかるのが家賃。一般の会社員でも支払い可能な家賃の物件もありますが、残念ながら、憧れの都心暮しとは程遠いものです。「住まいに快適性などいらない!」という強者でなければ、なかなか選択肢には入りづらい街だといえそうです。