綾瀬はるか

写真拡大

 綾瀬はるか(34)と西島秀俊(48)が夫婦を演じた“アクションドラマ”「奥様は、取り扱い注意」(17年・日本テレビ)が映画化されて帰ってくる。ドラマの最終回は、「そこで終わり?」という声が多かっただけに、ようやくその続きが見られることに。

 だが、「ドラマとはかなり違う映画になるかも」とは事情通だ。そのワケとは――。

 ***

【写真】「綾瀬はるか」のぷにぷに二の腕にメロメロ

 奥様の名前は菜美(綾瀬)、旦那様の名前は勇輝(西島)、ごく普通の2人はごく普通の恋をして、ごく普通の結婚をしました。でも、ただひとつ違ったのは……奥様は某国の元スゴ腕の特殊工作員だったのです。

 といった感じで、当初は、菜美が窮地に陥った近所の奥様方を、持ち前の身体能力で解決する勧善懲悪のアクションドラマだった。だが、最終回になって、旦那様は彼女を監視対象にした公安捜査官だったことが明かされる。そこで壮絶な夫婦ゲンカが始まるのだ。菜美が包丁を投げつければ、勇輝はカバンで受け止める。殴り、蹴り上げ、投げる……まるでカンフーアクションでも見るかのようだった。ドラマの関係者が、このアクションを解説する。

綾瀬はるか

「綾瀬さんは、ほぼ吹き替えなしでアクションができ、コメディーも演じられる希有な女優です。脚本は直木賞作家でもある金城一紀氏(51)。彼は、『SP 警視庁警備部警護課第四係』(07年・フジテレビ、主演:岡田准一[38])や『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』(14年・テレビ朝日、主演:小栗旬[36])、『CRISIS 公安機動隊特捜班』(17年・フジテレビ、主演:小栗)など、コメディー的要素がありながら、ハードボイルドな作品で知られています。リアリティを重視する金城氏は、自身の小説を映像化する場合は、脚本も手がけています。さらにアクションに関しても毎回、“カリ・シラット”という戦闘用の武術を取り入れ、自ら、岡田や小栗、西島にも指導してきました。『奥様は、取り扱い注意』も同様で、アクション監修も務めた金城氏が綾瀬さんに徹底指導して、日本のドラマ史上初の“足ワザ女優”に育て上げた。それが活かされた夫婦ゲンカでしたね」

 その後、夫婦ゲンカはいったん中断され、菜美は、浮気現場を撮られた隣の奥様(広末涼子[39])の動画を取り戻しに行く。組織を壊滅し、無事に帰宅した彼女を待っていたのは、銃口を向けた夫だった。場面は暗転し、銃声が一発……。これで終了したのだから、視聴者からは「そこで終わり?」「どうなったんだ!?」との声が上がったのもむべなるかな。

スタッフ総入れ替え?

 出演者たちも視聴者同様、「どうなったんだ!?」と思っていたようだ。映画の公式ページに掲載された、綾瀬と西島のコメントにも現れている。

綾瀬:ドラマでは「続きがどうなるんだろう」と気になっていたので、映画化されると聞いてとても嬉しかったです!/西島さんとは約2年ぶりの再会でしたが、そんなに変わっていなかったです(笑)ドラマでは菜美が住んでいる街の中で起こる、主婦たちの事件を解決していましたが、映画ではストーリーがスケールアップしています。/夫婦の絆や形にも注目して頂きたいですし、アクションも見ごたえのある作品になっていると思いますので、楽しみにしていてください!

西島:ドラマの最終回放送後に、「この後、どうなるの?」とよく聞かれていました。現場でも「映画化できたらいいね」と話していたので、すごく嬉しいです。映画撮影初日が勢いのあるアクションシーンだったので、約2年ぶりの現場でしたが、スムーズに役に入れたと思います。/映画では国の問題を解決するストーリーでスケールが大きくなっていますし、屈強な敵を菜美がバタバタと倒していく爽快感も楽しみにして頂ければと思います。

 あの夫婦ゲンカの結末はどうなったのか、ようやく明かされるわけである。来年6月の公開が待ち遠しい人も少なくないはずだが、先の関係者はこう言うのだ。

「本当に続編になるのかどうか……。映画化が発表された時、関係者は皆、驚いていましたよ。主要スタッフのクレジットを見ると、金城氏は原案とあるだけで、脚本も監督もドラマ版とは別の方が担当されるそうですので……」

 脚本は、映画『オオカミ少女と黒王子』(16年・主演:二階堂ふみ[25])や『心が叫びたがってるんだ』(17年・主演:中島健人[25])といった恋愛もので知られる、まなべゆきこ氏(年齢非公開)に。

 監督は、ドラマ『ごくせん』(02年〜・日本テレビ、主演:仲間由紀恵[40])や『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(06年・日本テレビ、主演:長瀬智也[41])などで知られる、佐藤東弥氏(60)である。

「通常、ヒットしたテレビドラマを映画化する場合、主演俳優はもちろんのこと、主要スタッフも変わることはない。そもそも映画化は、ドラマが成功したご褒美みたいなものですからね。ましてや『奥様は、取り扱い注意』は、最終回の続きから始まらなければ、観客も納得しないでしょう。ならば脚本は当然、金城氏となるべきですが、交代してしまった。アクションもどうなるのでしょうか。監督は『家政婦のミタ』(11年)や『家売るオンナ』(16年)など数多くの作品をヒットさせた日テレのエース監督、猪股隆一さん(55)だったのですが、これも代わった。さらに、ドラマでプロデューサーだった枝見洋子さん(33)の名もありません。彼女は若手ながら、数々の映画賞に輝いた『桐島、部活やめるってよ』(12年・主演:神木隆之介[26])を企画したことでも知られ、ドラマもクドカン(宮藤官九郎[49])と組んだ『ゆとりですがなにか』(16年・主演:岡田将生[30])などでもプロデューサーを務めています。なにより、金城氏とタッグを組んで、ドラマを成功させた功労者ですからね。また、主演の綾瀬さんとも、女性同士ということで意気投合していたそうなんです。今回も映画化は、ドラマ終了後、すぐに持ち上がった話で、彼女と金城氏が粛々と準備を進めていたと聞きますが……一体何があったのか」(同・関係者)

 気心の知れたスタッフが総入れ替えで、映画化というわけだ。ドラマでは隣家に暮らしていた広末涼子、本田翼(27)の出演もまだ発表されていない。先行きが心配になるばかり……。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月11日 掲載