最強のカニカマを発見。サラダチキンの次はカニカマがブームに
 新しい王者、発見。

 カラダをつくるダイエット食材「サラダチキン」の後に、キラキラとブームになりつつあるのが、「カニカマ(カニかまぼこ)」。今やコンビニでも100円程度で手軽に買えるようになっています。以前、おいしいカニカマをご紹介したことがありますが、先日、新たに“最強のカニカマ”を発見してしまいました。今回はそのご報告。

⇒【以前の紹介記事】「ほぼカニ爪」ってなんだ!?カニカマだけどカニより美味しい3品

◆すべてを上品にする、最強カニカマ大崎水産「フィッシュスチック」

 これまで、“キング・オブ・カニカマ”だと信じてきたのが、大崎水産「フィッシュスチック」。

 広島県のメーカーが製造しているカニカマで、全国蒲鉾品評会で栄誉大賞やモンドセレクション金賞を受賞している実力派。他県では、高級スーパー(紀ノ国屋や成城石井など)やデパ地下などで購入できます。おいしさのポイントは、上品な旨味・甘味がありながら、繊細でしっとりとした食感。このカニカマを使うだけで、いつもの玉子焼きやサラダ、ちらし寿司などがレベルアップしちゃうほどの魔法感があります。

 そして今回、そのしっとりエレガントな世界観とは一線を画するような、新たなカニカマに出逢ってしまいました。

◆京都の老舗かまぼこ店が作る「フィッシュケーキ」

 その名は、京都・右京区の蒲鉾店、はま一が作る「FISH CAKE(フィッシュケーキ)235円」。

 実は京都は、漬物やゆばだけではなく、歴史ある蒲鉾屋さんが多く、練り物製品も有名なんです。はま一の「魚そうめん(練り物をそうめん風に仕立てた、京都ならではの商品)」や、おでんセットは京都らしい上品な味わいが特徴で、このフィッシュケーキも丁寧に作られたオーラを放っています。

 このカニカマの魅力は、“プリプリ感”。大崎水産のフィッシュスチックがしっとり柔らかなのに対し、はま一はぷりぷりとした弾力ある食感が、他にはない際立った魅力でしょう。

 このカニカマを使ったメニューとしてオススメなのが、「レタスサラダ」。

 適当に千切りにしたレタスと、ほぐしたカニカマを加え、オリーブオイル、レモン汁、塩コショウで味付けするだけのシンプルサラダなのですが、これが美味。カニカマの存在感も際立ちます。

 私は成城石井の店舗で購入していますが、電話注文も可能。もちろん、関西エリアのお土産として購入することができますので、以下の情報を確認して、気になる方は是非探してみてくださいね。

※価格は税別です

<文、写真/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12