「妻は3人と不倫して1000万円使い込んでた」専業主婦と東大卒夫の崩壊劇
【ぼくたちの離婚 Vol.12 完璧なあなた、勝ち組のわたし #2】

 東大出のITベンチャーCEO・森岡賢太郎さん(仮名/現在38歳)と真希さん(仮名/現在36歳)は2012年に出会い、2年間交際して2014年に結婚した。しかし共働き時代から生活費は100%森岡さんが負担。2016年、妊活のために真希さんが仕事を辞めてからは、厳しすぎるセックスノルマを課せられるようになる(#1参照)。

◆妻から1日100件のLINEが

 森岡さんがセックスノルマに苦しめられていた2016年末、専業主婦になった真希さんの精神状態が急速に悪化しはじめたという。

「たまに料理をしては、うまくいかなくて鍋ごとシンクにぶちまけたり、洗濯物がうまく畳めなくて床にバンバン叩きつけたり、やたら物に当たったりするんです」

 真希さんは畳み損ねた洗濯物を叩きつけた直後、森岡さんに向かってこうつぶやいたという。「あなたにとって、私はなんなの?」。

「さびしかったんだと思います。専業主婦になったはいいけど、家事は元々得意じゃないから、やらない。うまくやれない。僕は毎日のように終電帰り。真希から僕には1日100件くらいLINEのメッセが届いていました」

 真希さんは一日中ヒマを持て余す。

「やることがないので、NetflixやWOWOWを観たり、Amazonで長いシリーズのマンガを全巻一気買いして読んだりしていたようです。当時、猫を1頭飼っていたんですが、ヒマだからもう1頭飼いたいと言われたので、動物保護団体から身寄りのない猫を引き取りました」

 無論、マンガ代も猫代もすべて森岡さんの財布からだ。さらに2017年に入ると、真希さんは森岡さんを“拘束”するようになった。

「真希が、週末は何があっても家にいろ、友達と約束するなんてありえない、と言い出しました。最終的には、平日も夕方6時には帰って来いと言われましたが、もし本気でそう思っていたのなら、結婚する相手を間違えていますよね。交際時から僕の働き方は変わってませんし」

 森岡さんは反論した。しかし……。

「あなたは経営者なんだから、家からオンラインで会議なりなんなりすればいいじゃないの、と言われました。無茶苦茶ですが、あまり強く言われるので、会社の人に無理を言い、週末にこぼれる経営会議だけはオンラインにしてもらいました」

◆次々と不可解な言動が

 並行して、真希さんの行動に不審な点が目立ちはじめる。

「パートをはじめたんです。生活費も小遣いも十分すぎるほど渡しているのに、小学生向けの塾の採点とか、会計事務所の事務仕事とか」

 また、森岡さんは家の中にダンボール箱がやたら多いことに気づく。

「聞くと、メルカリにいらないものを売って断捨離しているんだと。でも、集荷より明らかに受け取っている量のほうが多い。不可解でしたが、あまり聞いてもまた怒られるので、深くは聞きませんでした」

 さらに真希さんは「図書館めぐりが趣味になってきた」と口にしはじめた。

「資格を取りたくていろいろな図書館に通っていて、お気に入りの図書館はここなんだとか話すんですよ。突然どうしたのかなと思いながらも、ふんふん聞いてたんですが、やがてその図書館の近くにワンルームマンションを借りたいと言い出したんです。もちろん家賃は僕の負担。理由を聞くと、資格の勉強をするにあたって、家だと集中できないし、図書館だと閉館時間があるからって」

 さすがに不自然に思った森岡さんが問い詰めると、感情が高ぶった真希さんは「さびしい」「あなたに不満がある」「これは事実上の別居」と口走った。その場ではやんわり流した森岡さんだったが、2017年5月、事態は急変する。

◆猫が妻の浮気を教えてくれた