NASAの火星探査機が15年の任務を終了 通信途絶えたまま応答なし

ざっくり言うと

  • NASAは13日、火星探査機「オポチュニティー」の15年の任期が終了したと発表
  • 2018年6月に火星を襲った砂嵐で通信が途絶え、それ以降反応がなかったそう
  • NASAの科学局長は「未知だった火星の地形を明らかにしてくれた」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング