プロレスラー高山善廣「首から下が動かない状況」

写真拡大

今年5月の試合で大けがを負ったプロレスラー・高山善廣(50歳)の公式ブログが、9月4日に更新され、「現在、首から下が動かない状況」と報告。治療費にあてる募金などを呼びかけている。

4日付けのエントリー「ご報告及びお願い」では、「高山善廣選手は、DDT 5/4豊中大会試合中、怪我をし頸髄損傷および変形性頚椎症という診断が下り現在、首から下が動かない状況のなか、厳しいリハビリ、怪我と闘っております。そんな高山選手を応援する会『TAKAYAMANIA』を立ち上げます」と報告。

そして「今後、各プロレス団体様のご協力のもと、試合会場にて募金箱の設置、応援グッズ販売、チャリティー興行などを行っていきたいと考えております」とし、収益や寄付は高山の治療費にあてていくと説明した。

また、プロレス団体・DDTの公式サイトでは、高山のコメントを掲載。その全文は次の通りだ。

「この度は私、高山善廣を支援していただく会を発足していただき、また、その発表にお集まりいただきました皆さんに、感謝いたします。去る5月4日、試合中、頚椎を痛めてしまい首から下が全く動かず、また呼吸もできなくなってしまいました。首の手術を受けた後、心臓停止などのトラブルもあり、術後の経過が思わしくなく、なかなか皆さんにご報告できる状況にありませんでした。そんな私のために仲間たちが集まって、私のために色々とやってくれると聞き、感謝の気持ちしかありません。みなさん、どうもありがとうございます。私もどんどんアイデアを出していこうと思っております。リハビリ頑張りますので今後ともよろしくお願いします。2017年9月1日 高山善廣」