毎年8月には原爆関連の報道が増える。被害の凄まじさを伝えるものもあれば、核廃絶へのメッセージを込めたものもある。スタンスはさまざまだが、あのような悲劇が二度と起きないことを願うという点は一致しているかもしれない。8月6日、9日は広島と長崎で数多くの市民が犠牲になった日である。ところが、かつて原爆投下の日を「平和到来の日」と表現していた新聞がある。朝日新聞1947年8月7日の1面トップ記事の見出しは、「