韓国の首都圏で新型肺炎の集団感染が発生した。極めて大型のクラスター(感染者の集団)で、それも複数だ。韓国観察者の鈴置高史氏が背景を読む。

【画像】「コロナで西洋の時代が終わる」と小躍りする韓国人、それを手玉にとる中国人

「軽症」だったソウル

鈴置:5月29日(午前0時段階)の韓国の新型肺炎の新たな感染者は58人。2日間連続で50人を超えました。韓国政府は「50人」をメドに社会的な活動を規制しています。前日の5月28日は79人で、4月5日(81人)以来の多さでした。

 政府は5月28日、首都圏のナイトクラブに対し、5月29日から6月14日まで営業を自粛するよう勧告しました。今回の感染の震源地となったからです。首都圏の公園や美術館など公共施設も同じ期間、閉鎖します。

巨大クラスターが発生した物流センター

 5月6日には感染者数の減少を受け「社会的距離をとれ」との指示を撤回――日本式に言えば「禁・3密」を解除したのですが、首都圏に関しては3週間強で逆戻りしました。

 政府にも国民にも緊張感が走っています。大規模感染が初めて首都圏――ソウル特別市、仁川(インチョン)広域市、京畿道(キョンギド)で起きたからです。5月28日は84・8%の66人が、29日は58人全員が首都圏での新規感染者でした。

 韓国では「TK」と呼ばれる大邱(テグ)広域市とその周辺の慶尚北道(キョンサンプクド)で2月に感染爆発が起きたものの、首都圏は比較的平穏でした。

新型コロナ 韓国の首都圏累計感染者

 ソウル市で新型肺炎による死者が初めて確認されたのは4月8日。同日までに東京都で35人の死亡が公表されていたのと比べ、いかにソウルが「軽症」だったかが分かります。

 東京都での初の死者確認は2月26日で、5月28日午後8時半現在の死者は299人。一方、ソウルの5月29日午前0時現在の死者は4人です。

 感染者数も同様です。5月29日に至っても全体の72・4%がTKの感染者。全人口の半分を占める首都圏の感染者は16・3%に過ぎません。

 首都圏に住む韓国人の間では「新型肺炎はTKの出来事」と、どこか切迫感が薄かった。それが今、ようやくお尻に火が付いた感じです。

歓楽街から物流基地に飛び火

――感染源はソウルの歓楽街ですか?

鈴置:韓国の防疫当局はそう見ています。デイリー新潮の「韓国は『防疫の模範』が裏目でクラスター、それでも『世界を先導』という自己暗示」で言及した、梨泰院(イテウォン)のゲイ・クラブが震源地です。

アメリカ激怒! 韓国の本音は「南北共同の核保有」だ。半島情勢「先読みのプロ」が隣国の実情を冷徹に診断。『米韓同盟消滅』鈴置高史[著]

 5月2日にここを訪問した人を皮切りに、5月27日午前0時までに首都圏を中心に257人の感染が確認されました。

 これに加え、5月26日には京畿道・富川(プチョン)市の物流センターに、「梨泰院」由来の巨大なクラスターが生まれたことも判明。富川市はソウル市と仁川市に挟まれた都市です。

 当局は直ちに富川市の大型駐車場に臨時検査所を設け、医療関係者62人を派遣。この物流センターで働く人と訪問者の検査に乗り出しました。検査対象は4159人に上る見込みです。

 そうこうするうちに同じ富川市のコールセンターや、ソウルの北西にある京畿道・高陽(コヤン) 市の物流センターにも飛び火していることが分かりました。5月28日午後9時までに、96人の「物流センター」関連の感染者が発見されました。

 防疫当局は「ウイルスの遺伝子は変化していないようだ」としつつも「今回は伝播の速度が極めて早い」と警戒しています。

「ゲイ・クラブに集まる人も、物流センターで働く人も発症しにくい若者が多いため、発見が遅れた」と見る向きもあります。大邱で新興宗教が巨大クラスターになった時も同様の指摘がありました。いずれにせよ、首都圏初の感染爆発が起きないか、韓国人は身構えているのです。

外国人の多いおしゃれな歓楽街

――5月6日の「禁・3密」の解禁が早すぎた?

鈴置:それだけとは言い切れません。一連の感染の原点である梨泰院のゲイ・クラブでの感染は、その前の5月2日に発生していたからです。

 4月上旬から、一部のメディアは梨泰院などの遊興施設で感染が始まったと警告していました。例えば、中央日報の「飲み屋でのコロナ感染がひどい…梨泰院・ソレマウルでも感染者が出た」(4月8日、韓国語版)です。

 梨泰院は米軍人が遊びに来る街。「ソレマウル」はフランス人が多く住みます。いずれもおしゃれな歓楽街で、ソウルでの感染はここで散発的に起きていたのです。

 そのたびにクラスター対策班が繰り出して感染者を捕捉しました。が、ゲイ・クラブで発生した際は名乗り出ない人もいて、ついに巨大なクラスターに育ってしまったわけです。

 ソウル市も4月8日に重い腰を上げ、422件の飲み屋に対し同月19日まで事実上の営業禁止命令を出しました。が、その後、規制は緩んでしまいました。

教会の礼拝を「弾圧」

 そもそも3月21日に韓国政府が「禁・3密」を発表、翌日から実施していました。宗教施設、屋内体育施設と並び、大型のナイトクラブを営業する際はマスクの使用と、人と人の距離を2メートルとるよう義務付けていたのです。

 しかし朝鮮日報によると、規制はかなりいい加減で、政治的だったようです。「コロナ取り締まりの公務員…クラブの前には4人、教会前には500人」(4月6日、韓国語版)の前文を翻訳します。

・500人VS4人――。4月5日、同じように数百人が集まった大型教会と、ナイトクラブに「コロナ感染防止」のために、それぞれ投入された公務員の数だ。
・実際、教会には500人が投入されたが、「4人」は地方自治体が主張した数字で、見た人はいなかった。「防疫」ではなく「政治だ」との批判が高まる。

 この記事によると、同日朝9時半、ソウル市内のある教会に市・区の職員120人が出動。警察官400人を背に礼拝に集まった信者に対し「人の間隔が確保されていない」ことを理由に集会禁止の行政命令を出しました。

 双方がマイクの音量を上げて闘った末、最後は職員が教会に入って礼拝の状況を写真に撮った。そのうえ、「参加した信徒を全員告発する」と捨て台詞を吐いて帰ったそうです。

 一方、同日夜、あるナイトクラブには数百人が集まったのに規制は一切なし。ソウル市に問いただしたら「4人の職員が管内を巡回した」と言うだけで、ちゃんとした答えはなかったというのです。

 クラブに入店するときはマスクの装着が義務付けられますが、店の中で付けている人はまず、いないそうです。完全な「3密」のうえマスクなしで歌い、激しく踊るのですから、感染リスクは極めて高い。

 実際、朝鮮日報が「政治的規制」と批判して1か月もたたないうちに、クラブで巨大なクラスターが発生したのです。

反・文在寅の牧師は拘束

――なぜ、「政治的」なのでしょうか?

鈴置:教会の信者には保守的な人が多い。4月15日の総選挙を前に、反・文在寅(ムン・ジェイン)的な集会は、新型肺炎を理由に取り締まりたかったと保守は見ています。

 この政権は2月には屋外集会を禁止し、強行した反・文在寅運動の指導者である牧師は拘束済みです(「新型肺炎『文在寅』弾劾 “習近平に忖度するな、中国からの入国を全面禁止せよ”と保守」参照)。

 一方、クラブを厳しく取り締まれば若者から不満が噴出し、選挙に不利と読んだのでしょう。

――では、感染拡大は文在寅攻撃のチャンスに……。

鈴置:拡大の規模によると思います。「韓国は『防疫の模範』が裏目でクラスター、それでも『世界を先導』という自己暗示」でも説明しましたが、多くの韓国人が「世界1の防疫模範国になった」「日本を抜いて先進国入りした」と洗脳されています。

「文在寅政権の失敗」とは「先進国入りに失敗」を意味します。保守はよほどタイミングを見極めて政権攻撃しないと、「先進国入りした」と大喜びしている国民から反発を買ってしまうのです。

「K防疫」は恥ずかしい

――そのタイミングは?

鈴置:もう少し先、といった感じです。まだ、感染爆発という状況には至っておらず、韓国人も「世界から尊敬されている」と依然、信じているからです。

 ただ、朝鮮日報が「布石」的な記事を載せています。イ・テドン東京特派員が書いた「『他人の模範』から『反面教師』に」(5月18日、韓国語版)です。要約します。

・韓国が感染を上手に抑え込んだために、日本では「韓国を見習え」との声が高まった。しかし最近、「韓国は反面教師だ」との評価に急変した。
・自治体と一部の若者の油断によって梨泰院で集団感染が発生し、感染者が二桁になったからだ。いろいろと注目を集める「K防疫」。こんなお手本になるのはうれしくない。

 この記事の批判の矛先は「自治体」――ソウル市ですが、市長の朴元淳(パク・ウォンジュン)氏は左派で、次の大統領を狙う1人です。

 文在寅大統領が世界に向けて誇る「K防疫」という単語を使って皮肉っていることからも、身代わりにとりあえずソウル市を叩いている感じです。

 読者も多くが文在寅批判という前提で読んでいて「数日前『K防疫』が世界の模範などと自画自賛。NHKが面の皮の厚さを冷笑していた」などと書き込む人もいました。

 韓国の保守の中には、文在寅大統領が世界に向かって「韓国すごいぞ」と誇るのを恥ずかしがる人もいるのです。「あの男が世界に向けて威張るたびに感染爆発が起きる。もう、やめて欲しい」と日本人にこぼす人もいます。ネットでもそうした意見に出くわします。

瀬戸際の感染爆発

――「威張るたびに感染爆発」とは?

鈴置:2月13日、文在寅大統領は財界人を集め「防疫当局が最後まで最善を尽くしているので、新型肺炎はまもなく終息するだろう」と豪語しました。その6日後の2月19日に大邱で感染爆発が確認されました。

 5月10日、文在寅大統領が「我々は防疫で世界を先導する国になっています。K防疫は世界標準になったのです」と演説しました。2日前の5月8日に梨泰院の集団感染が判明し結局、今の惨事につながっています。

 今回の集団感染が、感染爆発と呼べるほどに巨大化するかは分かりません。グラフを見るに、今が瀬戸際でしょう。

 でも、「大統領が威張るたびに悪いことが起きる」のは事実。韓国人とすれば、大統領の口に蓋をしたくなるのも当然なのです。

鈴置高史(すずおき・たかぶみ)
韓国観察者。1954年(昭和29年)愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本経済新聞社でソウル、香港特派員、経済解説部長などを歴任。95〜96年にハーバード大学国際問題研究所で研究員、2006年にイースト・ウエスト・センター(ハワイ)でジェファーソン・プログラム・フェローを務める。18年3月に退社。著書に『米韓同盟消滅』(新潮新書)、近未来小説『朝鮮半島201Z年』(日本経済新聞出版社)など。2002年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年5月29日 掲載