Huluが月額利用料を980円に引き下げ

写真拡大

フールージャパン合同会社は、自社が展開するオンライン動画配信サービスHulu(フールー)において、日本で新たに月額使用料980円でのサービスを2012年4月12日からスタートする。

コンテンツ提供元、開始当時よりも213%増

Huluは元々、米国系のメジャースタジオや全米ネットワークテレビ局のコンテンツ配信からサービスを始めているが、コンテンツ提供元は開始当時よりも213%増えていて、今では725の映画と5000話のテレビ番組が視聴可能。また、コンテンツ提供元は開始当時よりも213%増えており、日本や韓国のコンテンツ提供元10社を含め、全部で20社のプレミアムコンテンツが楽しめるようになっている。2011年9月のサービス開始以来、Huluの利用者が順調に増えているのもうなずけるところだ。日本市場にはまだ2900万以上のHulu視聴可能デバイスがあるため、今後、さまざまなデバイスで楽しめるプレミアムコンテンツはさらに増えていくものと思われる。

そんなHuluが今回「月額980円」という新料金サービスを始めたのは、より良いサービスをエンターテイメントファンに提供するためだ。すでに利用している顧客には、感謝を示し直近の請求額から500円引きにして対応。また、新たな登録者には、2週間無料でサービスを試せる期間も設けられるという。

また、Huluでは日本における初のブランドプロモーションも2012年4月23日から実施予定で、Hulu初のテレビCMを放送するほかに屋外広告も掲出する。

Hulu国際部のヨハネス・ラーチャー上級副社長は、

「私どもは大切なお客さまのために、常にHuluのサービス向上に努めてまいりました。料金を値下げ変更することによって、現在サービスをご利用いただいているお客さまにも、これからサービスをご利用いただくお客さまにも付加価値を提供したいと考えています」

とコメントした。