韓国の書店に並ぶ日本のマンガの数々(写真:Lee Jae-Won/アフロ)


(田中 美蘭:韓国ライター)

 世界の映画シーンを席巻している劇場版「鬼滅の刃」。ここ韓国では、反日市民団体や「旭日旗糾弾」でおなじみの大学教授、ソ・キョンドク氏が「旭日旗と彷彿とさせる」と主人公の竈門炭治郎の耳飾りのデザインを騒ぎ立てたことで、デザインが変更されるなどミソがつけられてしまった感がある。

 それでも、「鬼滅の刃」に対する話題と関心は大きく、現在までに197万人を動員するなど快進撃を続けている。コロナ禍の中、座席数を減らしていることを考えれば、大ヒットと言っていいだろう。Naverの映画評価でも、10点満点中で9.62という高評価を得ている。

韓国語版の「鬼滅の刃」や「ジョジョの奇妙な冒険」(写真:Lee Jae-Won/アフロ)


 その中で、「ポスト鬼滅」として注目を集めているのが「呪術廻戦」だ。文在寅政権の下、No Japan運動による日本叩きを続ける反日団体がある一方、日本の漫画作品は根強い人気を誇っている。

 韓国の大手インターネット書店、Yes24の5月1週の週間ランキングによると1位に「呪術廻戦15巻」、2位に「呪術廻戦小説版」、4位に「鬼滅の刃23巻」と「呪術」と「鬼滅」がベスト5にランクインしている。

 韓国でも5月5日は「子供の日」の祝日であり、子供向けのプレゼント需要が高まる時期である。それがランキングに反映されたという見方もあるが、いずれの作品も好評価で、ファンからの期待度が高いことがうかがえる。この勢いを見ていると、韓国における日本製品の不買運動や旭日旗騒動などは別の話のように思える。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

呪術廻戦の「神風」にいつもの日本叩き

「鬼滅の刃」の舞台は大正時代の日本であり、古き良き日本の風景や文化なども数多く織り込まれている。対する「呪術廻戦」は現代が舞台であるものの、「呪い」をテーマにしたダークバトルファンタジーという位置づけだ。

 どちらの作品も、登場するキャラクターは何かしらの過去や事情、傷を抱えながらもひたむきに戦っている。また、人気キャラクターが「死」に直面する場合もあり、「死」というネガティブな内容にも真正面に向き合っている点もストーリーに深みを与えている。

 韓国のネットニュースメディアの「インサイト」では、「呪術」が今、支持されている背景について、

1.女心をくすぐる背景とキャラクター設定
2.究極のビジュアルとアクションシーン
3.変則的なストーリー
4.性別、年齢に関係なく幅広く厚い読者層

 と、4つの理由を挙げて分析している。「鬼滅」がどちらかといえば中高生などを中心とした10代から特に支持を受けているのと比較すると、「呪術」はストライクゾーンが広いということかもしれない。

 また、日本でも人気が高い男性キャラクターの五条悟や「ナナミン」こと七海建人の魅力について解説したファンブログなども存在している。魅力的なキャラクターに国境はないといったところであろう。

 しかしながら、「呪術」もまた例の如く、日本叩きのターゲットになる場面があった。キャラクターの一人である冥冥が使う「神風(バードストライク)」という技が戦時中の日本の「神風特攻隊」を思い起こさせると物議をかもしたのだ。

 これを受けて、ネットには「『鬼滅』に続いて日本がまたやらかした」「何も反省していない」といった意見が出たのは事実である。ただ、「日本のものというだけで粗探しのようにいちいち騒ぎ立てるのは見苦しい」「『カミカゼ』という単語だけを切り取って大騒ぎしてる」「ドラゴンボールのゴテンクスの技『スーパーゴーストカミカゼアタック』にも文句を言わないとな」「それならカクテルの『カミカゼ』も名前を変えろとアメリカに言わなくては」などという反対意見も数多く散見された。

反日報道にうんざりしている韓国人も多数

「鬼滅」や「呪術」に限らず、小学生や中高生を中心に、日本のアニメや漫画は高い人気を得ている。思いつくだけでも、「名探偵コナン」「ONE PIECE」「ポケットモンスター」「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」は韓国で放送が開始されてから既に10年以上が経過している。今の10代、20代は小さい頃から日本のアニメに触れて育ってきた。

 また、韓国には「漫画は若者が読むもの」という意識が少なからず残っているが、30〜40代の世代にも青春の思い出ともいうべき日本の漫画が存在する。「SLAM DUNK(スラムダンク)」だ。いまだにファンも多い。

 筆者が学生だった1990年代、留学先で出会った韓国人留学生から何かと日本の漫画の話を振られた。それで交流が始まったことも一度や二度ではない。特に「SLAM DUNK」は大人気で、韓国でもバスケットボールが大ブームになっていたという。

 覆面ラッパーとして人気のマミソンが2018年ヒットさせた「少年ジャンプ」という歌には、「SLAM DUNK」を連想させる単語が歌詞に散りばめられており、往年のファンをざわつかせた。現在では本やテレビだけでなく、YouTubeでも日本のアニメを解説したコンテンツや実際のアニメを視聴できる番組が数多くある。日本のアニメや漫画に触れて育った若年層が日本語や日本文化に興味を持ち、日本語の勉強を始めたり、アニメーターなどを目指し日本の専門学校や大学に留学したりするケースも多い。

 こうした点を見ても、日本の漫画が世代を超えて韓国で愛されていることがわかる。

 反日市民団体やソ教授のような日本叩きに精を出している一部の声を切り取り、「韓国全体が」と煽るマスコミの姿勢、あるいは「反日」をキーワードに支持率を上げ、政策の失敗をカバーしようとする政権のやり方に、いい加減うんざりしている国民も増えている。

反日ネガティブキャンペーンに踊らされない民度

 2019年のNo Japanの時も、メディアは「韓国全体で全国民が賛同している」と取れるような論陣を張った。マスコミの報道には誇張や世論操作的な誘導がある。ネットにあふれる膨大な情報の中には、真偽不明のフェイクニュースも少なくない。そのため、声の大きな人間の発言が事実のように語られたり、ポジティブな内容よりもネガティブな話に流されたりという点は否めない。だが、その中にも日本を好きな国民はいる。

 日本に対する案件に限らず、韓国は一度、世論が扇動されるとあっという間に盛り上がり、一定期間が過ぎるとさっと熱が冷めたように引くことが多い。現に朴槿恵前大統領の退陣を求めたロウソク集会の盛り上がりも遠い昔のように感じられる。No Japanのロゴを目にすることもほとんどなくなった。

 たかが漫画、されど漫画ではあるけれど、現在の「鬼滅」と「呪術」人気が示すように、反日団体や文政権が躍起になってネガティブキャンペーンを張ったとしても、「本当に面白く良いもの」は日本のものであろうと関係なく受け入れられる。その程度には韓国も成熟している。

筆者:田中 美蘭