次は何処に現れるのか

写真拡大

エリート街道から一転…

 昨年9月、航空機の中でマスク着用を拒否して逮捕・起訴された男が、今度は千葉県館山市でマスクを着けないと大騒ぎした挙句、警察官の顔を殴ったとして逮捕された。大阪に住む実父が取材に語ったのは、彼が“屈折”した原因だった――。

 ***

 奥野淳也容疑者(34)は今月10日、館山市の飲食店をマスクを着けずに訪問。店員にマスクの着用を促されると「俺はマスクをしねえ!」と暴れ出した。止めようとした他の客らと揉み合いになり、現場に駆けつけた警察官に対して「お前が違法捜査だ!」と叫んだ挙句、顔を殴ったとして、公務執行妨害の容疑で現行犯逮捕された。

 常軌を逸した言動とは裏腹に、彼はエリート街道をひた走ってきた経歴の持ち主だった。大阪府内の裕福な家庭に育ち、東京大学法学部に現役で合格。2009年には、東大大学院法学政治学研究科に進学した。

次は何処に現れるのか

 大阪で暮らす実父に聞くと、

「大学院で何を勉強していたかわからんけど、博士課程で論文が通らなかったのかな。それでだんだんと“あんなふう”になってしまって……」

 その後は明治学院大学で非常勤講師の仕事をしていたというが、昨年の航空機内で起こした事件で契約解除となってしまう。実父は「今後、息子がどうするかわからん」と嘆きつつ、

「(マスクを着けないことに)世の中、ちょっとヒステリックになっているんちゃうかな」

 4月22日発売の週刊新潮では、奥野容疑者の生い立ちと異常な行動の背景について詳報する。

「週刊新潮」2021年4月29日号 掲載