「私たちがやってることは違法行為ですから、売春です」12万円の高級パパ活契約を断った女子学生を“白スーツの男”が恫喝《証拠音声》 から続く

【写真】この記事の写真を見る(6枚)

 4月5日、文藝春秋の社屋に1人の女性が訪れた。ニットを着てリュックサックを背負ったカジュアルな装いだった。化粧っ気はなく、憔悴して見える。

 彼女は、“白スーツの男”倉科氏や“自称・片岡愛之助の愛人”Y子氏とともに、女性らを交際クラブに斡旋していたX子氏である(「“パパ活感覚”は危険 超高級交際クラブの甘いワナ」#1、#2、#3)。

 X子氏のTwitterアカウントには、《業界トップ交際クラブで現在No.1》《月100のp2人いるから最低でも月200以上安定してるし会うのも月1回〜2回くらいだから本当に楽》など、“パパ活”で大金を稼いでいることをアピールする内容が投稿されていた。

「一晩で100万円が貰えるレベルの女性に育てる」

 A子さんやB子さん、C子さんの証言によると、X子氏はこうした“甘言”を用いて友人関係やTwitterから交際クラブへの入会希望女性を募り、倉科氏らとの面接をセッティングしてきたという。

 面接では主に倉科氏が、一晩で100万円が貰えるという超高級交際クラブ「P」の存在をちらつかせ、女性らに「それに見合うレベルの女性に育てるから」と豪語。複数の交際クラブに斡旋する代わりに、女性が年間12万円+成功報酬(交際クラブの男性会員から得たお手当の30%)を支払うといった契約を持ち掛けていた。

 面接の後には倉科氏による“性的な講習”があり、#1で告発したA子さんによると「倉科さんの指示で、X子さんとも一緒に性行為をした。『X子と2人でプレイをしろ』とも言われました」という。(全4回の4回目。#1から読む)

◆ ◆ ◆

取材後に《大騒ぎになるぞ。100万振り込んでくれ》

 X子氏はタレントとして芸能事務所に所属していたため、取材班は倉科氏らによる“交際クラブ斡旋契約”や“性的な講習”について、所属事務所に事実確認のため問い合わせをした。すると、担当者は焦ったようにこう回答したのだ。

「X子からすべて話を聞きました。うちのX子も被害者の1人なんです。止めたかったが、倉科氏が怖くて止められなかった。本人が事情を話すと言っています」

 そして数日後、冒頭のシーンのように、X子氏がやってきたのだ。X子氏は会議室で記者を前にすると、その重い口を開いた。

「3月31日、倉科さんから《文春から連絡あり》というLINEがありました。その日の夜に倉科さんと電話をすると『誰に何を聞かれても知らないと言え』『警察の認可を受けているからな』と何回も何回も繰り返し言われたんです。そのときに『私がやっていたことはやっぱり悪いことだったんだ』とやっと分かりました。それで、事務所にすべてを打ち明けようと思っていると倉科さんに伝えました」

 しかし、その言葉に倉科氏は激昂したという。


3月31日にX子氏と所属事務所のマネジャーの間で交わされたLINEのやりとり

「『お前がやろうとしていることは営業妨害だ』『こちらは君のせいで大赤字だ。申し訳ないと思わないのか?』と怒鳴られました。しかも『責任を取って、少しはお金を払ってもらう』とも言われた。そこで電話が切れたのですが、またすぐにかかってきて『今すぐ100万円を振り込め』と言われました。LINEでも《振り込みしたら、連絡ください》《振り込みは、今日中に、お願いいたします》《Y子が、怒ってます》とメッセージが立て続けに送られてきたんです。それで、怖くなってしまって……」

 X子氏は声を詰まらせた。そして倉科氏からの恫喝電話の後、涙ながらに事務所にこれまであったことをすべて話したのだという。事務所側から「今後も被害が広がる恐れがあるから、文春オンラインですべてを話したほうがいい」とアドバイスされたこともあり、今回の取材に応じたようだ。

X子氏も“交際クラブ斡旋契約”を結んでいた

 X子氏が倉科氏らと初めて出会ったのは2020年12月半ばのことだった。まず、TwitterでY子氏から《将来の夢や生活をサポートしてくれるスポンサーを見つけませんか?》とメッセージが届いたのだという。

「私は少し芸能の仕事をしていて、そのことについてツイートしていたのをY子さんがご覧になったんだと思います。Y子さんのTwitterのプロフィールには『ミス・アース・ジャパン』に出場したことなどが書かれていたので、すごい方からご連絡いただいたんだなと思いました。それで《交際クラブの業界トップの方を紹介する》という誘いに乗ってしまいました」

 当時、X子氏は思うようにいかない芸能の仕事に焦りを感じていた。それで「何かのきっかけになれば」程度の軽い気持ちで話を聞きに行ったのだという。指定されたのは横浜の高級ホテルのロビー。A子さんらが面接を受けたのと同じ場所だった。

「面接の内容も他の女性たちとほとんど同じです。私はそれまでパパ活をしたことがなかったし、ましてや交際クラブに登録したこともありませんでした。でも、まだ芸能界で頑張っていきたかったので、自分磨きをするお金が必要でした。

 それに当時から倉科さんは強気で、断る方が悪いんじゃないかと思えてきて……。その場で交際クラブ斡旋契約を結び、1年間で12万円を支払う約束をしました。この日は手持ちの2万円を渡し、後日10万円を支払いました。さらに講習や交際クラブに行く日程を決められてしまって、引くに引けない状況になってしまいました」

バスタオル1枚の倉科氏がホテルで待っていた

 1月上旬、X子氏は倉科氏から「講習を受けてもらう」と呼び出された。場所は面接をしたのと同じ高級ホテルだった。X子さんは「A子さんたちの講習はビジネスホテルでしたが、この頃は講習もこの高級ホテルで行われていました」と、当時を振り返った。

「倉科さんからは事前に『お客様に紹介する前に、俺が君のことを知っていなければいけない。タトゥーやリストカットの跡がないかなどをチェックします』と言われていたので、なんとなく『体を見られるのかな』程度に思っていました。ですが指定された部屋へ行くと、シャワーを浴びてバスタオル1枚を身に着けただけの倉科さんが待っていました。そしてそのまま……」

 X子氏はそこで倉科氏と肉体関係を持ったという。「倉科さんには相手に有無を言わせぬオーラがあり、この時から私は彼を拒否することができませんでした」と暗い表情で吐露した。

「この講習の後、倉科さんが『契約している』という交際クラブ『Q』『S』『R』にY子さん同伴で面接を受けに行き、登録しました。その後1度だけ、交際クラブからの紹介で男性と会いました。でもパパ活が初めてだったこともあり、交渉が上手くできなかったんです。食事のみで解散になり、お手当もいただけませんでした」

 倉科氏が「X子さんはランチで1回500万円は稼いでいます。本人に聞いてもらって結構です。2人は今も付き合っているはずですよ」(#3参照)と言っていたことを伝えると、X子氏は「全くの嘘です」と断言した。

「私がパパ活をしたのはこれ一度きりです。私には初対面の人に『体の関係を持つので“お手当”をください』なんて言えませんでした。自分には向いてないなと思って、もう辞めようと思ったんです。それで1月半ば、倉科さんに連絡して、改めて会うことになりました」

「年齢的に芸能は手遅れなんだからやるしかないだろ」

 その日も倉科氏とY子氏は、横浜の高級ホテルで別の女性の面接をしていた。その面接が終わった後、X子氏は倉科氏とY子氏に交際クラブを辞めたいと申し出たのだという。

「すると倉科さんから『Y子のように裏方に回ればいい。Twitterでスポンサーを探したり、お金に困っている子を探して紹介しろ』と言われたんです。その場でこの仕事が違法なのか合法なのか判断ができず、倉科さんに『大丈夫なのでしょうか』と聞きました。すると倉科さんは『これは法律と道徳を守っていて、警察の認可を取っているから大丈夫だ』と。さらに『芸能をしているなら映画に強い人を紹介できる』『もう年齢的に芸能は手遅れなんだからやるしかないだろ』と説得されました。それでまた断ることができず、この仕事を受けてしまったんです」

倉科氏からは日常的に恫喝されていた

 こうしてX子氏は“倉科側”に回ったのだ。

 X子氏は自身のTwitterアカウントで《業界トップ交際クラブで現在No.1》などと自称しているが、実際に交際クラブを利用したのは前述の1回のみ。しかし、あたかもパパ活で大金を稼いでいるようなフリをして、9人の女性を誘って倉科氏に紹介し、8回の面接に同席したという。

「私が紹介した女の子が面接で渋ると、倉科さんから『時間取ってるのにこういうの多いよ』と怒られ、女の子が断ると『お前の努力が足りない、やり方が悪い』と電話で延々と怒鳴られました。今日は早めに帰りたいと伝えた日には『仕事をなんだと思ってる』『俺を舐めてるのか』と電話で1時間ほど怒鳴られ続けたこともあります。女の子が1年分の会員費12万円は大金すぎて支払えないと言ったときには、半額の6万円を立て替えさせられることもありました。

 この仕事の報酬は特に決まっていなくて、2月末頃に一度だけ30万円をもらいました。手渡しで、直接受け取っています」

 倉科氏から特に激しく怒られたというのが、3月5日に行われたC子さんの面接の後だ。

「高級ホテルのロビーで『(C子さんに)違法だと思わせたお前が悪いんだろ』『こういうの多すぎるよ』『もう俺は面倒見ないからお前やれ』『責任とって貰わなきゃ困る』と1時間以上怒られ続け、帰宅後も30分以上電話で同じ話をされました。怖くて、怖くて、謝り続けました。

 倉科さんと関わるようになってから、打ち合わせの度に『この仕事で成功できない奴が、他の仕事で成功できるわけない。だから、お前は何もできていない』と否定されました。自分がやっていることの善悪も判断できなくなって、ここまできてしまいました」

 X子氏は倉科氏、Y子氏と定期的に連絡を交わし、女性らの面接以外にも打ち合わせでたびたび会っていた。しかし2人の素性に関しては、詳しく知らないようだった。

倉科氏とY子氏の正体「2人はいつも一緒だった」

「倉科さんの年齢は私が聞いた限りでは60代。会う時には必ず白スーツや、白ニットにパンツなど全身真っ白の洋服に、金時計や金のネックレスをつけていました。仕事は横浜のカジノの仕事に携わっていて、コロナがなければ1年の半分は海外で仕事をしているとか、過去には銀座の黒服をしていてバーも経営したことがあるといったことも話していました。

 28年前に交際クラブの仕組みを仲間4人と作り、『現在の交際クラブの経営者は全員俺の後輩だ』と言っていました。超高級交際クラブ『P』は横浜のカジノに遊びにくる富裕層向けに作ったと言っていましたが、会員になれた女の子もいませんし、ホームページもないので本当に存在するのかどうか……。心理学を学んでいると自慢げに話していたこともありました」

 しかし前回記事で交際クラブに確認したところ、倉科氏の存在を知る交際クラブはなかった(#2参照)。Y子氏とはプライベートについて話したことはほとんどなく、彼女の素性もわからないという。

「ただ、面接などで会う時には必ず倉科さんY子さんは一緒に来て、一緒に帰って行きました。実際はどういう関係だったかはわかりませんが、お互いに信用し合っているように感じました」

 最後にX子氏はこうも語った。

「『違法なのではないか』という不安から、このことを周囲に相談できず、これまで1人で抱えてきてしまいました。どうしていいかわからずに、倉科さんの言いなりになってしまった。それによって辛い思いをさせてしまった女性たちには、本当に申し訳なく思っています。せめて、これ以上被害者が出ないように、全てをお話させていただきました」

 取材中、X子氏は終始暗い表情のままだった。

“パパ活”でのトラブルは

 アトム市川船橋法律事務所の高橋裕樹弁護士は、倉科氏の行為について「恐喝罪と準強制性交等罪に当たる可能性がある」と話す。

「前回もお話しましたが、講習などと称してホテルへ呼び、相手が断りづらい状況下で肉体関係を持つことは刑法第178条の『人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者』として準強制性交等罪に当たる可能性はあります。有罪の場合は、5年以上20年以下の懲役が課せられます

 また、面接で金を支払わなければ帰れない状況を作り出し、契約を結ばせることは恐喝罪に当たる可能性があり、支払わずに断れた場合でも、恐喝未遂に当たる可能性があります。有罪の場合は10年以下の懲役です。

 X子氏も恐喝罪や準強制性交等罪の共犯者(幇助犯)となる可能性があります。一方で、X子氏も倉科氏に逆らえなかったという状況であったことなどを勘案すると、認めて全体的に素直に話せば、起訴されないという可能性もあります」

 X子氏がこれまで誰にも相談することができなかったのは、倉科氏らへの恐怖はもちろんのこと、売春行為もある“パパ活”に加担している後ろめたさが働いたこともあっただろう。

「売買春の現場で性行為に及ぶ際、本番行為を強要されたり、拒否する女性を強姦する、また女性が男性を嵌める美人局などの事件は増えています。この背景には、法の網の目を潜り抜けて売買春を行うための“パパ活アプリ”などが増え、売買春が気軽に行われるようになってしまっていることもあるでしょう。

 トラブルが増加する一方で、売買春をしているという罪の意識から、被害に遭っても声を上げられないという被害者は多い。“パパ活”はとても危険です」(同前)

“パパ活”で大金を稼ごうとする女性の周辺には有象無象の輩が集まって、搾取する隙を狙っているのだ。

 4月18日(日)21時〜の「文春オンラインTV」では担当記者が本件について詳しく解説する。

【音声動画】「私たちがやってることは売春です」高級交際クラブ“白スーツの男”面接音声 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))