吉住健一新宿区長

写真拡大

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況となり、1都3県での緊急事態宣言発令が見込まれ、各地で成人式の中止や延期が相次ぐ中、開催を表明している東京都新宿区の吉住健一区長が6日、フジテレビ「とくダネ! 」にインタビュー出演し、経緯を説明した。

 新宿区は、緊急事態宣言下となる見込みの11日に「はたちのつどい」を、感染対策を行ったうえで開催すると決定。番組で吉住区長は、「新宿で感染者がたくさんいるんだから自粛すべきだと、全国の皆さんから寄せられています」と明かした。

 そのうえで「新宿の場合、感染者の76%が20代から40代で、10代は5%程度なんです。ということは19歳から20歳になる人たちはほぼいないんです。そういう意味では非常にリスク低い」とした。

 「成人になることは社会での責任を持たされる瞬間なんだと、原点に立ち返って実感してもらう場にしたい」とも述べた。