小田急百貨店が新たにd払い、LINE Pay、PayPay,のスマホ決済サービスを導入、楽天ペイに加え全4社のサービスが利用可能に

写真拡大 (全3枚)

小田急百貨店は、2月10日より国内3社のスマホアプリ決済サービスを一斉導入すると発表した。これにより、財布を持ち歩かずともスマホがあれば、同百貨店で買い物ができるようになる。

今回サービスを導入するのは、「d払い」、「LINE Pay」、「PayPay」の3件。先行導入しているする「楽天ペイ(アプリ決済)」に加え、2月10日からは国内4社のサービスが利用可能となる。

これまで現金およびクレジットカードでの決済以外に、交通系ICカードや中国系バーコード決済『Alipay』『WeChat Pay』を導入してきていたが、国内でのキャッシュレス決済が浸透していることをふまえ、店舗での決済手段を拡充し利便性の向上を図ると共に電子決済サービスを活用する顧客との接点を創出すべく、昨年11月の「楽天ペイ(アプリ決済)」導入を機に、スマホアプリ決済サービスの導入を推進してきた。今回国内3社のサービスを一斉導入することで、国内4社のサービスが利用できることとなる。

これにより、同百貨店ではほぼほぼすべてのキャッシュレス支払いに対応できることとなり、利便性がぐっと向上することになる。

■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
・高級靴磨き店「Brift H」のように魅力あるオリジナルサービスを組み込めるバリューデザインの”ハウスプリペイドカード”
・人材不足の令和時代はソリューション型の派遣サービスを中心に展開!アデコグループのVSNが技術者系労働市場の変化を捉えた新サービス「Modis VSN」発表
・ネットで簡単!個人でも銀行から低金利な融資が受けられる個人と銀行をむすぶ国内唯一のプラットフォーム「クラウドローン」スタート
・ANAが羽田空港において大型自動運転バス実用化に向けた実証実験を実施〜電気バスを使用し、2020年内の試験運用を目指す〜
・みんなのタクシーがJR東日本提携第1弾として後部座席設置のタブレットによる“Ringo Pass”実証実験を拡大