(C)日刊ゲンダイ

写真拡大 (全2枚)

 大河ドラマのストレスを発散するかのように連夜クラブにいたという沢尻エリカ容疑者(33)。逮捕前、朝5時までいたのは渋谷のクラブWだった。金融トレーダーのKAZMAX(吉沢和真=30)も10日、このクラブを出たところで職務質問を受け、沢尻容疑者と同じ合成麻薬MDMA使用の疑いで逮捕されたばかり。警視庁は1カ月前に「クラブで違法薬物を使っている」との通報を受け、内偵を進めていた。

大河主役級の沢尻まで薬物逮捕 NHKの身体検査はなぜ甘い?

「道玄坂でも通り1本奥まっていて、裏から車で入れるので芸能人や有名人がよく来るんですよ。有名人はVIPルームから出てこないのですが、逮捕当日の動画からも分かりますが、沢尻さんはフロアにいる珍しいタイプ。それだけDJやオーガナイザーと仲がいいのだと思います」(音楽関係者)

 本人の「10年以上前から違法薬物を使用し、ほかの違法薬物も使ったことがある」との供述を裏付けるようなエピソードも多い。

■イビサ島に頻繁に渡航

「高城剛氏(55)と結婚していた頃(2009〜13年)は夫婦で頻繁にスペインのイビサ島に行っていた。沢尻さんはイビサと書いたTシャツまで着ていたくらいだから当時、相当気に入っていたのでしょう。イビサは島ごとクラブの“パリピの島”。欧米人が多く、島ではコカインはたばこを吸う感覚で手に入るし、おカネさえ払えば、一通りのドラッグが簡単に体験できる場所です」(コーディネーター)

 また09年7月に奄美大島で開催された「奄美皆既日食音楽祭」に元夫の高城剛氏と共に参加。これに出演していたのが、酒井法子(48)と元夫の高相祐一氏で、2人はイベントの翌8月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、奄美大島でも薬物を使用したと供述。その後、9月に沢尻容疑者は「重大な契約違反行為があった」として所属事務所を解雇された。

 一部週刊誌では所属事務所がタレントに尿検査を行い、薬物陽性反応が出たためと報じられている。

■酒井法子と同じ奄美大島の音楽祭に参加

「薬物を使用する人たちの中で奄美大島は有名で、レイブといわれる音楽イベントなど、ヤドリ浜というビーチで度々ドラッグパーティーが開催されているという噂です。島は通報する人もおらず、ヤドリ浜なら警察が来るまで1時間以上かかるから逃げ切れる。空港は持ち物検査もほぼナシ、空港には警察犬もおらず薬物も持ち込みやすい。当時はそこに皆既日食という大義名分が重なり、音楽祭には良からぬ目的のヤカラも数多く集まったそうです。イベント会場に近いリゾートホテルは限られており、酒井法子一家が宿泊したホテルに沢尻夫妻も泊まっていたという話もあります」(前出のコーディネーター)

 酒井と同じイベントに参加、同じホテルに宿泊か? と聞けば、酒井と同じ“ドラッグ人脈”に沢尻容疑者が連なっていてもおかしくない。