絶滅が危惧されていた「マメジカ」30年ぶりにベトナムで発見

ざっくり言うと

  • 絶滅が危惧される「マメジカ」の希少種が約30年ぶりにベトナムで発見された
  • 25年以上前、ハンターから死骸を入手したのを最後に目撃情報が途絶えていた
  • マメジカはひづめを持つ有蹄類の世界最小種で、体重は4.5キロほどだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x