森本毅郎アナウンサー=2004年撮影

写真拡大

 フリーアナウンサーの森本毅郎(80)が8日、レギュラー番組のTBSラジオ「森本毅郎スタンバイ!」(月〜金曜、6・30)の番組途中で、体調不良のため退席した。TBSラジオは同日午後、森本アナは退席後に番組スタッフとともに病院に行き診察を受けたところ、大事はなかったと説明。同局は「週明け月曜日からも出演していただく予定で調整しています」とした。

 森本アナは、この日も通常通り番組をスタートし、冒頭から、先日の日韓首脳面談の写真にまつわる話題などを伝えていた。

 しかし午前7時前のコーナーが始まると、土井敏之アナが「森本毅郎さんが体調を崩され、TBS土井敏之が、このあとおつきあいさせていただきます」と報告した。約1時間後に土井アナが「森本毅郎さん、体調を崩されました。さきほどお休みになってい間はスタッフと会話を交わされておられました。今はお医者さんに診てもらっている状態です」と伝えた。

 この日の番組は最後まで土井アナが進行した。