カッコよく自分らしく引退、若手レスラーへの愛。獣神サンダー・ライガー″最後の自己紹介″
令和になってはじめての正月、1月4・5日。その日、ひとりのレジェンドが現役生活に幕を下ろす。平成の始まりとともに東京ドームでデビューを飾り、そして新時代の訪れと時を同じくして東京ドームを最後にリングから降りる−−。その名も、獣神サンダー・ライガー。リングの内外でプロレス愛を炸裂させ続けてきたひとりのレジェンド覆面レスラーは、テンカウントゴングを数ヶ月後に控えるいま、何を思うのか。ライブドアニュース編集部が獣神サンダー・ライガーにインタビューをした。

― ライガーさんがアントニオ猪木さんや山本小鉄さんなどから教わって受け継いできたプロ意識のようなものや、それを実際にリングで体現するための技術など、ライガーさんも若手に教えたりしているのでしょうか。

獣神サンダー・ライガー(以下ライガー) オレはぜんぜん教えないんですよ。だってもったいないから(笑)。もちろん同じ新日本プロレスの仲間だから、聞かれたら教えますよ。でも、自分からあれこれ教えることはしないかな。頼まれてもいないのに教えてそれを後輩にやられちゃったらこっちの商売上がったりじゃないですか(笑)。

― とはいえライガーさんの若手レスラーに対する愛情は強く感じます。

ライガー 今の若手はすごいよ。本当にレベルが高い。よく練習してますもん。ふだん、僕は福岡に住んでいるんですけど、ツアーが決まると東京に出てきて合宿所に住み練習するんです。だから常に若手の行動を見ているんですけど、あいつら休まないですから。もうね、カツオかマグロかと思って(笑)。それくらい泳ぎっぱなし、練習しっぱなし。もうそれ以上やると死んじゃうよ。トレーナーが「ツアーが終わったら数日練習は禁止!」っていうくらい。それくらい練習するんですよ。だからオレも引退発表しておいてよかったなあと。アイツらの戦いの中にはもう飛び込めない(笑)。



― ライガーさんが若手の頃も、それだけ練習したと思いますが…。

ライガー いやいや、ぜんぜん違いますよ。自分らの頃は何かあったらすぐ休んじゃうから(笑)。何か理由を見つけて、「ああ、しょうがない休もう」って。今もそうだからね。だけど、若い連中が練習しているのを見たらね。歳を食っている自分が休んだらもうダメだなあと思わせてくれますよ。

― 休まずに練習する若手を見ているからこそ、解説などでも愛情あふれるコメントが出てくるのですね。

ライガー だって頑張っているんだもん。若手だけじゃないよ。真壁(刀義)とかも相当やっていますよ。芸能活動もしていて忙しいのに、早朝だろうが夜中だろうが道場に来ていますよ。この間もね、朝早く起きてご飯を作っていたらドアの音が聞こえたんです。で、誰が来たのかと思ったら真壁で。「このあと撮影があるからそのまえに軽く練習しておこうと思って」と言うんです。そんな姿を見ているから、少しでも伝えたいなと思って喋っているだけなんですよね。

― 8月11日、石井智宏選手とタイチ選手の試合での解説が印象的でした…。アナウンサーに怒ってたじゃないですか。(タイチ選手が技を繰り出すと、アナウンサーは「川田利明(タイチ選手の師匠)が乗り移ったかー!」と実況で叫んだ。これにライガー選手は「乗り移ってねーよ!」と激怒した。)


(G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦 タイチ選手vs石井智宏選手 小細工なしの真っ向勝負を挑みタイチ選手が勝利した試合。写真提供:新日本プロレス)

ライガー ハハハ、そうでしたね。だってあの時は過去がどうとかだれに師事してどうだとか、そういう話ばかりするものだから。過去はどうだっていいよ、現在進行形の話をしろ!ってね。タイチくんもずっとジュニアでやってきて、お客さんにブーイングを受けながらやってきて、それでもヘビー級の防衛とかやって。ここに来るまでにどれだけ練習しているのかと。それを伝えて欲しいよね。

― 若い選手のいいところを見つけて努力を認めて褒めて、そういうライガーさんの解説は本当に感情移入できます。

ライガー そう言ってもらえてありがたいですけどね、オレの解説って技のこと何にも話していないんだよ。だって、解説っていうかプロレスを楽しんでいるだけだもん(笑)。リングサイドの一番いいところで試合を見て、うおーって叫んでいるだけで。

― でもだからこそ見ていて僕らも楽しい気持ちになれます。

ライガー 「ライガーの解説はうるせえだけじゃねえか」って思われてないかって心配なんだけど(笑)。



― どうしてライガーさんは、そこまでプロレスを楽しめているのですか? 

ライガー 最初は藤波さんですね。小学校の頃までは園芸部で植物を育てていたんです。それがふと立ち寄った本屋で藤波さんがベルトを持って表紙になっているのを見て。それがかっけえなぁと思って、プロレスが好きになった。それ以来、ずっと楽しいですね。マスカラス選手とかザ・デストロイヤー選手とか見ていて、おもしろいなあ、楽しいなあ。その気持ちが今も続いているだけ。昔、蝶野(正洋)選手に「ライガーは本当にプロレスラーになってよかったね」なんて意味深なことを言われましたけどね。あれ、それって他の仕事じゃ通用しないってことか?って(笑)。

― いやいや、そんな。ですが、なかなか楽しい気持ちを持ち続けることは簡単ではないと思います。好きなことを仕事にしても続けていくうちに楽しめなくなるといいますか…。

ライガー だって見ている人もレスラーが楽しんでやっていないとつまらないでしょ。楽しんでやっているから見ていて楽しい。こういうインタビューとかだとよく書いてもらうことが多いんですけど、結局楽しいだけなんで。僕が楽しみたいからやっているだけ。もうそれ以上でもそれ以下でもない。だけど、心の底から楽しんでやっているからお客さんに伝わることがあれば嬉しいですよね。



― 「楽しむメンタル」というのは新日本プロレスの他のレスラーにも共通しているのでしょうか。

ライガー それはわからない。楽しいだけじゃなくて、いろんな思いを持ってやっているじゃないですかね。人それぞれでいいでしょう。でも、受け継がれているものというなら猪木さんの言う闘う魂、「闘魂」ですよ。戦いが全ての土台で、その上にいろんなものがある。これを絶対に忘れちゃダメですよ。真壁選手は「喧嘩だよ」とか言っていましたけど、まあそのくらいの思いを持って。だけど今は若い子に聞くと喧嘩なんてしたことないって言うからねえ。

― 練習はすごくするし一生懸命なのに、喧嘩はしたことがない。なんとなく時代を感じる話ですね。

ライガー オレは昭和のレスラーだからねえ(笑)。そんなオレから見ると、若い選手はレスラーというよりもアスリート。ストイックなんですよ。練習終わったら何分以内にプロテイン飲んで、食事は炭水化物を少なくして高タンパクで、とかやっている。フライドチキンも皮を剥いで食べるんだからたまらないよね。

― 皮がいちばん美味しいところなのに……。

ライガー だろ?むしろ肉の方が余るくらい皮がウマいのに。フライドチキンを食べるなら皮を食べてくれよ!と言いたいんだけどね、みんな皮を剥いで食べる。それだけ真面目なんだよね。だけど、そこに経験が加わって遊びの部分が出てくると、本当に無敵だと思いますよ。

― 新日本プロレスの未来も明るい、ということですね。ライガーさんはそんな若い世代に魂を引き継いで、年明けの東京ドームで引退されるわけですが、それに向けて思うところはあるのでしょうか。

ライガー 東京ドームでデビューして東京ドームで終わる、平成元年にデビューして令和になって最初の正月に終わる。カッコいいじゃん、オレ(笑)。



― カッコいいです(笑)。

ライガー まあでも正直、引退会見のときもそうだったんだけど、引退するという感じがまったくないんですよ。最後の遠征も終わりましたけど、そのときだって試合前も試合中も試合後も、最後という感じはしなかった。感傷的になるようなこともないんです。だけどそれでいいんじゃない。いままでどおりで、いつもどおりで。

― 引退だからといって特別なことはなくて、今までどおりの獣神サンダー・ライガーで終わる、と。

ライガー 大好きなプロレスだからこそ、ね。いつもどおり練習して、いつもどおり試合をして、勝った負けた、それで終わり。そういう試合を組んで欲しいし、それがオレらしい。今までも何周年記念とか、やったことは一度もないんです。まあ、会社が勝手にそう言ったことはありましたけど(笑)。あ、一応言っておくけど、復帰は絶対にないからね!

― え?

ライガー ありがたいことにね、毎年検査してもらっているんだけど、30年以上プロレスやっているとは思えないほど体は何にもないんです。普通、ベテランならどこかしら悪いところがあるのに、医者にも驚かれるくらいで。これはもう丈夫に産んでくれた母親に感謝するしかないんだけど、つまり怪我で引退するわけじゃない。だから復帰は絶対にないんです。怪我だったら治って復帰することはあるでしょう。でも体は何もない。僕は怪我じゃなくて、若い頃に山本小鉄さんや猪木さんに言われたレスラー像、それができないから引退するんです。だから復帰はないんです。長州さんに「オレぐらいの歳になったらリングに上がるのが辛くなるから」って言われたことがあって、「そんなわけないだろ」と思っていたけど、やっぱりあるんですね、そういうことが(笑)。



― なんだかこっちが感傷的になってきてしまいました。最後に、読者にメッセージのようなものをいただけますと。

ライガー 怖がらずに観にきて欲しいですね、とにかく。一度見てくれたら、100人中100人とは言わないけれど、95人には面白かったと言ってもらえる自信がある。オレにあるんじゃないよ、新日本プロレスにはその自信があるんです。いまは会場に女の子も多くて、いつもの後楽園ホールだったら6:4、もしくは7:3で女性が多いくらい。もうオレたちの頃のレスラーじゃないですから、イケメンも多いしファッションセンスもいいし(笑)。肉食系男子がたくさんいます。だから女性1人でもいいから気軽に見てほしい。満足させますから。今度の東京ドームは1月4日と5日の2日ある。もしそれに来られなくても、近所に新日本プロレスが来たら見ていただけると嬉しいですね(笑)。



【前編】勝ち負けを超える、本当にプロレスが楽しい。獣神サンダー・ライガー″最後の自己紹介″

撮影:森カズシゲ/文:鼠入昌史/編集:ライブドアニュース

<大会情報>
イッテンヨン チケット情報・対戦カード
https://www.njpw.co.jp/tornament/197798
イッテンゴ チケット情報・対戦カード
https://www.njpw.co.jp/tornament/197799
イッテンヨン・イッテンゴ 特設サイト
https://www.wrestlekingdom.jp/