死刑囚・林眞須美の息子の浩次氏(仮名)

写真拡大

 ’98年7月25日に発生した「和歌山毒物混入カレー事件」の犯人として’09年に最高裁で死刑判決を言い渡された林眞須美(58)。前回の夫・林健治氏のインタビューに続き、息子・林浩次氏(仮名)に無罪を訴え続ける思いを聞いた。

◆和歌山毒物混入カレー事件「21年目の告白」

 ご記憶の人も多いだろうが、同事件の舞台となったのは地区の夏祭りだった。そこで振舞われたカレーにヒ素が混入。口にした67人が急性ヒ素中毒となり、うち4人が命を奪われた。直後から前代未聞の無差別殺傷事件として報道が過熱。そのなかでクローズアップされたのが林眞須美だった。当日のカレー鍋の見張り番だったうえに、不審な行動をとっていたという目撃証言も浮上。夫らにヒ素を盛って保険金を不正請求していた“前科”も判明して、事件から約2か月後に逮捕されたのだ。

 このとき夫の健治氏の関与も疑われたが、事件と直接関係のない保険金詐欺の疑いで逮捕・起訴。’02年に懲役6年の実刑判決が確定し、’05年に刑期を終えている。

 その健治氏がなぜ今、眞須美死刑囚への思いを口にしているのか? それは10月で逮捕から21年を迎えた今も、事件が謎に包まれているからにほかならない。決め手となる物的証拠もなければ自白もなし。動機も明らかにされぬまま、状況証拠だけで有罪が言い渡されたのだ。そのため、林眞須美を含む家族は一貫して犯行を否認。現在、裁判のやり直しを求めて再審請求を行っている。

 「今年は大きな動きがあるかもしれへんな」と話す健治氏だが、「再審に影響が出る」として多くを語らず。代わって父と共に無罪を訴え続ける息子の浩次氏(仮名)が、事件の真相を紐解くカギについて語ってくれた。

●林浩次氏(仮名) 1987年、和歌山市生まれ。事件後、小学校5 年生から高校3 年生まで市内の養護施設で暮らす。現在は会社に勤めながら、ツイッター(@wakayamacurry)などで情報を発信。今年、事件に関する著書『もう逃げない。』(ビジネス社)を出版

◆林眞須美死刑囚の息子が明かす「僕が母の無実を信じた」理由

浩次氏:僕らきょうだいは事件後、多くのいじめや差別を経験してきました。それでもね、親ですから、もし母がやっていないなら見殺しにではできない。ずっと否認しているように、証拠や証言に対しては僕の中でも数々の疑問が生まれた。事件の被害者や遺族の方々は僕が母の無実を訴えることを不快に感じられるでしょうが、母が罪を認めず、謝罪もせずに死んでしまったら、いつまでたっても無念は晴れないと思うんです。

――180cmを超える体軀に、はっきりとした目鼻立ちが印象的な青年からは、あの凄惨な事件を想起しにくい。会社員として働く傍ら、今夏に著書『もう逃げない。』(ビジネス社)を上梓。死刑囚の子供としてのリアルな生活を綴って話題を呼んだ林眞須美死刑囚の息子、浩次氏(仮名・32)だ。

 この21年間で浩次氏が母と接見した回数は、優に100を超える。取材の前日にも拘置所内で言葉を交わしたという。事件後、誰よりも林真須美死刑囚と過ごす時間が長かったのも彼なのだ。

浩次氏:事件が起きた’98年7月25日の母の記憶が今でも鮮明に残っています。その日、僕らはカレーがふるまわれたお祭りには行かず、健治(林家では父親をこう呼んだ)と母と僕と次女でカラオケに行きました。そこで母は大好きなテレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」を上機嫌に歌っていたんです。

 その姿は21年たっても、“殺人犯の母”と重ならない。面会でも僕は毎回聞くんですよね。「やってないよね?」と。母は21年間変わらない。「ママはやってない」って言い続けている。そのやり取りは、僕だけが知る、家族として母を信じられる最大の拠りどころなんです。