飼い犬になめられて感染症が発症 米女性が両手両足を切断

ざっくり言うと

  • 飼い犬になめられた米国の女性が、カプノサイトファーガ感染症にかかった
  • 感染は鼻や耳、両脚、顔に広がり、女性は手術で両手両脚を切断
  • 同疾病の発症はまれだが、免疫系が弱っている人は感染リスクが高いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング