西武・山川穂高が久々に安打 スランプの発端は巨人・炭谷銀仁朗

ざっくり言うと

  • 西武・山川穂高が8日の試合で、13試合ぶりの安打となる28号ソロを放った
  • スランプの入り口は、元同僚・炭谷銀仁朗がリードを取る6月12日の巨人戦
  • 西武関係者によると、炭谷に「山川攻略の手本」のような攻め方をされたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング