©︎Disney ©︎Disney/Pixar ©︎&TM Lucasfilm. Ltd. ©︎Marvel

写真拡大

ディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの映像コンテンツが見放題となる日本ディズニー初のサービス「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」が2019年3月26日(火)からスタートします。

ミッキー&ミニーも登場! ディズニー映画見放題サービス「Disney DELUXE」発表

デモ機で体験した記者がサービス内容をレポート。

ディズニー映画をどこでも持ち歩ける

「Disney DELUXE」は、動画配信アプリ「Disney THEATER」と、「Disney DX」「STAR WARS DX」「MARVEL DX」の4つのアプリで構成されています。

動画配信アプリ「Disney THEATER」では、豊富なディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベルの映像コンテンツが見放題となります。

これまでのディズニー作品は多くが「MovieNEX」というDVD+BD+デジタルコピーというセットで販売されていました。

Disney DELUXEは何百本ものMovieNEXデジタルコピーを月額700円+税で楽しめるといったものです。

作品はディズニー、ピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、TVシリーズなどのジャンルごとに検索可能。

さらにお気に入りリストを作ることもできます。

再生途中の動画はホーム画面に一覧表示されるのですぐ見つけられます。

そして、スマホやタブレットのアプリだけでなく、Fire TV、Apple TV、Chromecastなどに対応し、テレビでも視聴可能。

スマホで見ていた映画の続きをテレビで視聴といった楽しみ方もできます。

MovieNEXのデジタルコピーと違い、日本語/英語の音声や字幕が自由に切り替えられます。

日本ならではのコンテンツ展開

ディズニーは2019年中に「Disney+」という定額動画配信サービスを立ち上げ予定です。

これはディズニーや、買収するFOX作品を配信するほか、スター・ウォーズやマーベルの新作ドラマも限定配信するという、本国ディズニーの超巨大プロジェクト。

それに対して、「Disney DELUXE」は日本ならではのコンテンツが充実している、動画配信だけでないサービスです。

「Disney DX」「STAR WARS DX」「MARVEL DX」は、動画以外のコンテンツを体験できるアプリ。

それぞれ最新ニュースをチェックでき、関連動画は「Disney DELUXE」にリンクし映画本編を視聴できます。

「Disney DX」では壁紙やスタンプなどを配信。

壁紙はなんと毎日配信されるので、日替わりでスマホをディズニー色にできます。

「STAR WARS DX」では相関図、「MARVEL DX」では年表や俳優の動画を配信。

ライトなファンからマニアまで楽しめるコンテンツを提供するとのことです。

「Disney THEATER」でも、日本オリジナルの動画を配信予定とのこと。

日本制作のアニメーション「ファイアボール」の配信も予定されており、日本独自の展開が伺えます。

さらに「Disney DELUXE」会員だけが購入できるグッズも展開されます。

Disney DELUXE
提供開始日:2019年3月26日(火)
利用料金:月額700円(税別)