ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 競馬ファンにとっての”ドリームレース”GI有馬記念(12月23日/中山・芝2500m)が今年もやってきました。1着賞金はジャパンCと並ぶ国内最高の3億円。関係者にとっても、まさしく”ドリームレース”と言えます。

 GIジャパンC(11月25日/東京・芝2400m)を制したアーモンドアイこそ出走しませんが、平地GI馬が7頭に、障害レース界では無敵を誇るオジュウチョウサン(牡7歳)も参戦。話題の多いグランプリとなりましたね。

 まずは、その話題の中心となっているオジュウチョウサンについて触れたいと思います。

 正直、前走の1000万特別・南武特別(11月3日/東京・芝2400m)の勝利には驚かされました。2走前の開成山特別(7月7日/福島・芝2600m)は、最下級(500万下)の条件戦でしたし、渋った馬場(当日はやや重)への適性があると見ていたので、あっさり勝ったのも頷けますが、前走の舞台は東京。速い上がりが必要なコースですから、分が悪いと思っていました。

 それが、ふたを開けてみれば、先行して最後の上がり3ハロンも34秒5でまとめて見事な勝利を飾りました。

 それまでの障害レースにおける上がりは、どんなに速くても36秒台。その分、劣勢と見ていたのですが、普段は60kgを超える過酷な斤量を背負って、長い距離を走ってのことですからね。平地であれば、それだけの末脚を秘めていた、ということなのでしょうか。少しオジュウチョウサンへの見方が変わりました。

 そうは言っても、前走はまだ1000万下。今回はふたクラス上のオープン戦で、しかも選りすぐりの好メンバーがそろうGIの中のGIです。普通に考えれば、厳しい戦いになるでしょう。

 もちろん、東京コースよりは中山コースのほうが善戦はできそうですし、道悪は得意だと思われるので、雨が降って時計がかかるようなら「ひょっとして……」という淡い期待もできますが、はたして……。

 また、中山グランドジャンプのような4000mを超える距離を、障害を飛越しながら走ってきても、最後まで衰えない末脚があることを考えると、相当早い段階でスパートして後続を引き離す、という手は考えられます。極端な話、他の馬が折り合いに気をつける1周目のスタンド前、そこでペースが緩むので、そこからロングスパートをしかけて、コーナーを回った向こう正面で後続を大きく引き離していれば、「もしかしたら……」という感覚はあります。

 木曜日の枠順抽選会では、武豊騎手が自らの手で最内1番枠を引き当てました。「彼ならば、今年も絶好枠を引いてしまうのではないか」という予感めいたものは多少あったのですが、ここまでピンポイントで好枠をゲットしてしまうとは……。この枠ならば、主導権を握る競馬も考えられそうですね。

 何はともあれ、鞍上の武豊騎手がどう乗ってくるのか、楽しみです。

 ところで、今年の古馬の重賞、それも芝・中距離戦線において、私が常々言ってきたのは「明け4歳世代が席巻している」ということでした。事実、年明け最初の重賞、GIII中山金杯(1月6日/中山・芝2000m)に始まり、GIIアメリカジョッキークラブC(1月21日/中山・芝2200m)や、GII京都記念(2月11日/京都・芝2200m)、GII中山記念(2月25日/中山・芝1800m)など、4歳馬がワンツーを決めました。

 さらに、春のGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)に、GI安田記念(6月3日/東京・芝1600m)でも、4歳世代が上位を独占しました。とくに安田記念では1着〜6着までを独占。例年クラス再編成(※年齢と収得賞金によるクラス〈=条件〉分け)直後の開催ゆえ、4歳馬の出走自体が少ないのですが、この結果こそ、この世代の層の厚さを証明いていると思います。

 この4歳馬の勢いは秋になっても衰えず、GIIオールカマー(9月23日/中山・芝2200m)ではワンツースリーフィニッシュ。GII毎日王冠(10月7日/東京・芝1800m)でも1着と3着に入線しました。

 おまけに、GI天皇賞・秋(10月28日/東京・芝2000m)では1着〜4着までを独占し、ジャパンCはアーモンドアイというとんでもない3歳牝馬が優勝したものの、2着、3着、そして5着にはこの世代が入ってきました。

 そして、今年を締めくくる有馬記念でも、やはりこの4歳世代が中心と見ています。

 筆頭格は、もちろんレイデオロ(牡4歳)です。ジャパンCでアーモンドアイとの対決を見たかったものですが、そのジャパンCをスキップしたことで、ここで”お釣り”があることは確か。

 器用な脚を使えるタイプで、中山・芝2500mというトリッキーなコースでも問題ないと思います。実際、同じ中山のオールカマーで見事な勝利を挙げていますからね。

 菊花賞馬のキセキ(牡4歳)も、この秋の充実ぶりには目を見張るものがあります。ただ、毎日王冠から始動して、この秋4戦目となります。ここまでの3戦すべてで高いパフォーマンスを見せているだけに、そろそろ疲れが出ないか心配されますね。

 昨年10月の菊花賞(京都・芝3000m)を制するまでの過程でも、7月、8月、9月と真夏に月イチで出走し、本番でも極悪馬場を快勝。その分、同馬に対してはタフなイメージがあるので、そこまでマイナスには捉えていませんが、気になる材料ではあります。

 4歳馬は他にも、GI未勝利ですが、GIを勝った馬たちと遜色ないパフォーマンスを見せてきたクリンチャー(牡4歳)とミッキースワロー(牡4歳)の2頭がいます。

 どちらも可能性のある存在ですが、より食指が動くのは、休み明けの前走・ジャパンC(5着)を経てここに臨む後者です。その前走が意外にも初めての左回りだったことを考えると、そこはいかにも叩き台。中山実績は十分ですし、怖い1頭です。


有馬記念での激走が期待されるモズカッチャン

 もう1頭、4歳世代の馬がいます。牝馬のモズカッチャン(牝4歳)です。

 牝馬限定とはいえ、昨年のエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を制したGI馬。同じ4歳牝馬のライバルであるディアドラやリスグラシューらの現在の活躍ぶりを鑑みても、ここでも十分にチャンスがあると踏んでいます。

 連覇を狙った前走のエリザベス女王杯(11月11日)では、何の不利もなく運べていたものの、前をいくクロコスミア(2着)を捕らえ切れずに3着。この内容にはさすがに首を傾げてしまいましたが、同レースの前に出走予定だったGII府中牝馬S(10月13日/東京・芝1800m)を回避した影響があったのかもしれません。それを考えると、1回使った今回のほうが数段いいと思います。

 鞍上は師走を迎えてからGI2勝と、ようやく調子が上がってきたミルコ・デムーロ騎手。こういうときの彼は、想像以上の騎乗をするので恐ろしいですよ。 ということで、今年の有馬記念の「ヒモ穴馬」には、このモズカッチャンを指名したいと思います。