アフガン難民の米入国申請、承認は1%未満中国外交部が批判アフガニスタンの首都カブールで、道端に座り込んでいる難民。(2019年1月10日撮影、カブール=新華社記者/代賀)【新華社北京6月23日】中国外交部の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は22日の定例記者会見で、米市民権・移民業務局(USCIS)が昨年7月以降、「人道的入国許可プログラム」によりアフガン難民の米入国申請4万6千件以上を受け取ったが、6月2日までの承認