トヨタ自動車は26日、「シエンタ」のハイブリッド車13万7,000台などのリコールを国土交通省に届け出た。【こちらも】ホンダ・N-BOXスラッシュ、電動ブレーキに不具合でリコールシエンタのリコールは、ハイブリッド車のエンジンルームの後部にあるカウルルーパの防水構造に問題があったことによるもので、集中豪雨クラスの多量の雨水がかかると、水がエンジン上部に滴り落ち、燃焼室に入り込み、コンロッドが変形して異音が発生