「傾向はあるけど健常者」発達障害グレーゾーンの生きづらさ日刊SPA!

「傾向はあるけど健常者」発達障害グレーゾーンの生きづらさ

ざっくり言うと

  • 発達障害のグレーゾーンとして、生きづらさを抱える34歳の人物
  • 医師からは、ASDの傾向はあるが、健常者の範疇と言われたとのこと
  • 周囲から無能扱いされるのは苦しく、発達障害と診断された人が羨ましいそう

ランキング