「宇宙戦艦ヤマト」米で実写化、予算は映画版「スタートレック」級。

写真拡大

テレビ放送から40周年を迎え、今なお世界中の人々を魅了し続けるSF超大作「宇宙戦艦ヤマト」。そのハリウッド実写版「STAR BLAZERS」(仮題)の製作がついに本格始動したと、日本の権利元であるボイジャー(代表:西崎彰司)が正式発表した。

「宇宙戦艦ヤマト」は日本で1974年にテレビ放送がスタート。1975年の再放送時には視聴率50%を超える大ブレイクとなり、その後の劇場公開映画も連作大ヒットとなった。日本だけでなく米国でも「STAR BLAZERS」として1979年9月から1984年4月までテレビシリーズが放送されており、海外にも多くのファンを生み出した、日本を代表するSF超大作シリーズだ。

今回のハリウッド実写化企画は、「ワルキューレ」や「アウトロー」「ユージュアル・サスペクツ」など大ヒット作を連発してきたハリウッドの鬼才クリストファー・マッカリー監督が、自身の夢だった“ヤマトの実写映画化”をかなえようと、自身と縁の深いハリウッドの映画製作会社スカイダンス・プロダクションズに企画を持ち込み、決定したもの。

配給はハリウッドのメジャースタジオになる予定で、大規模な世界配給にむけて、巨額の製作費が投じられるプロジェクトとして始動するという。スカイダンス・プロダクションズが手掛けた大型作品「ミッション・インポッシブル」「スタートレック イントゥー ザ ダークネス」の予算規模に匹敵する超大作になるようだ。

マッカリー監督は現在撮影中の「ミッション・インポッシブル5」が完成し次第、「STAR BLAZERS」の映画制作に本腰を入れる予定。「ユージュアル・サスペクツ」で第68回アカデミー賞脚本賞を受賞している人物だけに、世界の期待値は高い。

マッカリー監督は「好きなキャラクターは沖田艦長と地球防衛軍の斉藤隊長です」とのこと。子どものころからの大ファンで、米国のテレビで放送されていた“STAR BLAZERS”に触れ、テレビで観たことのない物語が鮮烈な印象として残っていて、当時の興奮をそのまま残しながら「このような素晴らしい作品を任せてもらえるなんてすごく光栄です。日本で公開されるのが待ちきれません。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています」と、映画への意欲を熱く語った。

スカイダンス・プロダクションズのデイビッド・エリソンCEOは、公開時期について初めて「はっきりとは言えないが、2017年か2018年には公開したいと思っている」と言及。「素晴らしい登場人物、アクション、ストーリーをベースに、現在のテクノロジーとマッカリー監督の才能を組み合わせたら良い作品になることは間違いないですよ」と太鼓判を押した。

また、今回のプロジェクトには、クレジットに日本人の名前が入っていることにも注目だ。“宇宙戦艦ヤマト”プロデューサーである西崎彰司が製作総指揮として加わるという。異例中の異例の人事に、日本のカルチャーに対する真っ直ぐな姿勢と、ハリウッドの“ヤマト”にかける本気さが垣間見える。

「トランスフォーマー」や「ゴジラ」など、近年日本のアニメやゲーム、特撮作品などのハリウッド実写化作品が非常に大きな世界興行収入を上げる成功例が続いており、ハリウッドがますます日本の作品に注目することは間違いなさそう。「STAR BLAZERS」(仮題)のキャスティングもどのような配役になるのかなど期待が膨らむばかりだ。

☆「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの歩み

1974年10月「宇宙戦艦ヤマト」(TVシリーズ)
1977年8月「宇宙戦艦ヤマト 劇場版」(劇場作品)
1978年8月「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」(劇場作品)
1978年10月「宇宙戦艦ヤマト2」(TVシリーズ)
1979年7月「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」(TVスペシャル)
1980年8月「ヤマトよ永遠に」(劇場作品)
1980年10月「宇宙戦艦ヤマトIII」(TVシリーズ)
1983年3月「宇宙戦艦ヤマト 完結編」(劇場作品)
2009年12月「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」(劇場作品)
2010年12月「SPACE BATTLE SHIP ヤマト」(実写映画)
2013年4月「宇宙戦艦ヤマト2199」(TVシリーズ)
2014年10月8日「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」(特別総集編)
2014年12月6日「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」(劇場作品)