18日、ブラジルワールドカップの開幕戦で主審を務めた西村雄一氏の“疑惑のPK判定”に世界中から皮肉が集まっている。これについて、中国版ツイッターに多数のコメントが寄せられている。写真はブラジルのスタジアム。

写真拡大

2014年6月18日、新浪体育によると、ブラジルワールドカップ(W杯)の開幕戦、ブラジル対クロアチアの試合で主審を務めた日本の西村雄一氏の“疑惑のPK判定”に、世界中から皮肉が集まっているという。

【その他の写真】

スペイン紙アスによると、試合後、西村主審を皮肉る「日本人審判の歌」というタイトルの南米風の歌が作られ、動画投稿サイトYouTubeにアップロードされた。歌詞では「彼はなんて偉大なんだ!」と何度も繰り返される。

また、アルゼンチンのテレビ番組では、西村主審に扮した道化役が音楽に合わせて走り回るのを、ゲストの美女たちが見て爆笑するという内容が放送された。この番組は中国のネット上でも見ることができ、中国版ツイッターには以下のようなコメントが寄せられている。

「笑った」

「日本人は世界中から嫌われることになった」

「一試合で有名になっちゃったな」

「アルゼンチンは彼が裁く試合に当らないことを祈るんだな」

「モレノ(※2002年の日韓W杯で疑惑の判定をした審判)ですら、世界でこんな扱いはされていないだろう」

「日本とブラジルは関係が深いから。開幕戦に日本人の主審が選ばれたのは、FIFAのブラッター会長の『ブラジルを守る』という世界へのメッセージ」

「彼を責めるのはよせよ」

「何がおもしろいのかわからない」

「ちょっとやりすぎじゃないか?」

「こんなに彼を貶める必要があるか?はっきり言って、あのPK判定はルール上問題ない。ただ、あのような状況では簡単にPKを与えるべきではなかったというだけ。決して誤審ではない」(翻訳・編集/北田)