通りに並べられたオリジナルのかかしたち

写真拡大

交差点に何かいる、と思ったらアマビエだった──。2020年9月8日、ツイッターにこんな目撃情報が写真と共に投稿された。見ると、交差点近くのガードレールに、疫病退散にご利益があるとされる妖怪「アマビエ」のカラフルな人形が飾られている。

街中に突如現れたアマビエの「正体」を探ろうと、J-CASTトレンドは人形が飾られている東京・江東区の深川資料館通り商店街を取材した。

「通行人の人々にも楽しんでもらえるように」

同商店街理事長の分部登志弘さんは、アマビエ人形は、商店街が1998年から毎年開催している「かかしコンクール」の作品の1つだと明かした。今年が23回目で、毎年商店街の内外から集まったおよそ150体の手作りのかかしをずらりと通りに並べる。

地元資料館などから約20人、商店街から数人が審査員団を結成、それぞれ10点方式でかかしを採点する。全作品に点数を付けたら結果を集計し、最優秀作品には「江東区町賞」が贈られる。そのほかにも約20個の賞が設けられているほか、入賞できなかった作品全てにも「リベンジ賞」が授与される。

コンクールを始めた理由として分部さんは、

「深川資料館通り商店街はおよそ800メートルにわたる長い商店街ですが、店舗数は120店舗ほどと少なく、地元の人間でも端から端まで歩くことはほとんどありません。そこで、少しでも通りを歩く人を増やし、また通行人の人々にも楽しんでもらえるように開催しています」

と語った。

新型コロナ関連の作品が多い

記者も、深川資料館通り商店街に足を運んでみた。今年は新型コロナウイルスの影響もあり集まったかかしは80体ほどとのことで、例年と比べると少ないようだ。

それでも、通りには数メートル間隔でそれぞれに趣向をこらした手作りかかしが並べられていた。特に、「アマビエ」や「コロナ」といった、昨今話題になっている物事をテーマにしていると見られる作品が多く見られた。